改革運動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベルギーの旗 ベルギーの政党
改革運動
Mouvement Réformateur
党首 シャルル・ミシェル
成立年月日 2002年3月21日
本部所在地 ベルギーの旗 ベルギー ブリュッセル
代議院議席数
(10%)
15 / 150
(2012年6月)
元老院議席数
(11%)
8 / 71
2011年
政治的思想・立場 古典的自由主義
社会自由主義
中道右派
公式サイト www.mr.be
国際組織 自由主義インターナショナル
欧州自由民主改革党
テンプレートを表示

改革運動フランス語:Mouvement Réformateur、略称:MR)は、ベルギー政党。フランス語圏のワロン地域を基盤とする自由主義政党である。ワロン系自由党 と意訳されることもある。

2002年にワロン地域の4つの自由主義的な政党、自由主義の自由改革党(フランス語:Parti réformateur libéral、略称PRL)、地域主義フランス語圏民主戦線(フランス語:Front Démocratique des Francophones、略称FDF)、進歩的なキリスト教民主主義変革のための市民の運動(フランス語:Mouvement des Citoyens pour le Changement、略称MCC)、ドイツ系住民の自由主義政党の自由と進歩のための党ドイツ語:Partei für Freiheit und Fortschritt、略称PFF)による政党連合として創設された。

2007年の選挙では、下院である代議院では150議席のうち23議席を獲得、上院である元老院では71議席(王族を含まない)のうち11議席を確保した。選挙後はイヴ・ルテルム連立政権に参加、与党となった。

2010年の総選挙英語版においては代議院で18議席を獲得して第3党となった。しかし第1党となった新フラームス同盟が与党に加わらないとしたため、各党は連立政権なかなか形成できず英語版、政局は混迷した。結局、社会党から党首エリオ・ディルポ首相となるまで、535日を要した。ディルポ政権には改革運動も参加した。しかしフランス語圏民主連邦主義者(フランス語:Fédéralistes Démocrates Francophones, FDF、2010年にフランス語圏民主戦線が改称したもの。3議席)が連立入りに反対して離脱し、第4党に転落した。

ヨーロッパレベルでは欧州自由民主改革党に、世界レベルでは自由主義インターナショナルに加盟している。

外部リンク[編集]