キャサリン・マッキノン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Catharine MacKinnon.

キャサリン・マッキノン(Catharine MacKinnon、1946年10月7日 - )は、アメリカ合衆国弁護士ミシガン大学ロー・スクール教授セクシャルハラスメント問題の第一人者として知られている。

人物[編集]

キャサリン・マッキノンは、1946年10月7日に、アメリカ合衆国ミネソタ州ミネアポリスに生まれた。父親のジョージ・E・マッキノンは弁護士であり、元下院議員。

エール大学ロースクールで弁護士資格を取得後、1970年代半ばより、法学者のアンドレア・ドウォーキンらと共に、セクシャルハラスメントという概念を明確化させ、法規制を求める運動を行った。また同時に、女性の人権を侵害し、性犯罪を助長するものだとして、ポルノグラフィに対する法規制を求める運動も行った。1982年には、ミネソタ州ミネアポリス市議会に働きかけ、性差別を扇動する内容のポルノグラフィを禁止する「反ポルノグラフィ公民権条例」の制定を目指した(市長が拒否権を行使した為に不成立)。

弁護士としては、セクシャルハラスメントをめぐる様々な裁判の他に、1986年に米連邦最高裁によって違憲判断が下されたインディアナポリス市の反ポルノグラフィ公民権条例の有効性を訴えた裁判や、ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争1992年1995年)で集団強姦されたとする5名の女性を原告として、スルプスカ共和国の元大統領であるラドヴァン・カラジッチを訴えた裁判などを手がけた。

1989年より、ミシガン大学の教官に従事している。ミシガン大学ロー・スクール教授1995年には、講演の為に来日したことがある。

著書[編集]

村山淳彦・志田昇 訳『セクシャル・ハラスメント・オブ・ワーキング・ウィメン』(こうち書房, 1999)
  • Feminism Unmodified: Discourses on Life and Law, (Harvard University Press, 1987)
奥田暁子・鈴木みどり・加藤春恵子・山崎 美佳子 訳『フェミニズムと表現の自由』(明石書店, 1993)
  • Only Words, (Harvard University Press, 1993).
柿木和代 訳『ポルノグラフィー 「平等権」と「表現の自由」の間で』(明石書店, 1995)

共著[編集]

  • In Harm's Way: The Pornography Civil Rights Hearings, (Harvard University Press, 1997).
中里見博森田成也 訳『ポルノグラフィと性差別』(アンドレア ドウォーキンとの共著, 青木書店, 2002)
  • On Human Rights Oxford Amnesty Lectures co-edited with Stephen Shute and Susan Hurley, (HarperCollins, 1993).
中島吉弘・松田まゆみ 編訳『人権について オックスフォード・アムネスティ・レクチャーズ』(みすず書房, 1998)

関連項目[編集]