ナンシー・フレイザー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナンシー・フレイザー(2008年)

ナンシー・フレイザー(Nancy Fraser、1947年5月20日 - )は、アメリカ合衆国政治学者。専門は、批判理論、ジェンダー論、現代フランス・ドイツ思想。

略歴[編集]

ボルチモア生まれ。ニューヨーク市立大学大学院センターで博士号取得。ノースウェスタン大学哲学部を経て、現在、ニュー・スクール・フォー・ソーシャル・リサーチ(the New School for Social Research)の政治・社会科学教授。

著書[編集]

単著[編集]

  • Unruly Practices: Power, Discourse and Gender in Contemporary Social Theory, (Polity Press, 1989).
  • Justice Interruptus: Critical Reflections on the "Postsocialist" Condition, (Routledge, 1997).
仲正昌樹監訳『中断された正義――「ポスト社会主義的」条件をめぐる批判的省察』(御茶の水書房, 2003年)
  • Reframing Justice, (Koninklijke Van Gorcum, 2005).
  • Scales of Justice: Reimagining Political Space in a Globalizing World, (Polity Press, 2008).
『正義の秤――グローバル化する世界で政治空間を再想像すること』、向山恭一訳、法政大学出版局、2012年

共著[編集]

  • (エリ・ザレツキー)『9・11とアメリカの知識人』(御茶の水書房, 2002年)
  • Redistribution or Recognition?: A Political-philosophical Exchange, with Axel Honneth, trans. by Joel Golb, James Ingram, and Christiane Wilke, (Verso, 2003).
『再配分か承認か?――政治・哲学論争』、加藤泰史監訳、法政大学出版局、2012年

共編著[編集]

  • Revaluing French Feminism: Critical Essays on Difference, Agency, and Culture, co-edited with Sandra Lee Bartky, (Indiana University Press, 1992).
  • Pragmatism, Critique, Judgment: Essays for Richard J. Bernstein, co-edited with Seyla Benhabib, (MIT Press, 2004).