キタベニハチクイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キタベニハチハチクイ
キタベニハチハチクイ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: ブッポウソウ目 Coraciiformes
: ハチクイ科 Meropidae
: ハチクイ属 Merops
: キタベニハチクイ M. nubicus
学名
Merops nubicus
Gmelin, 1788
英名
Northern Carmine Bee-eater

キタベニハチクイ(北紅蜂喰、学名Merops nubicus)は、ブッポウソウ目ハチクイ科に分類される鳥。

分布[編集]

形態[編集]

全長35cm。顔と翼の一部が鮮やかな青色で、それ以外は紅色。目の横には黒い帯が入る。嘴は細長く、尾羽は中部が長い。

生態[編集]

サバンナなどに生息する。

食性は昆虫食で、昆虫類を捕食する。低木や動物の背にとまり、飛翔中の獲物や飛び出した獲物を捕食する。また、昆虫だけでは足りないミネラルなどの栄養を補給するため、土を食べることもある。

参考文献[編集]