キキーモラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キキーモラ(イヴァン・ビリビン画)

キキーモラロシア語: кики́мораキキーマララテン文字表記の例: Kikimora)は、ロシアに伝わる、働き者の味方とされる謎の多い幻獣

名前の由来[編集]

キキーモラの名は、語源的には「キキー」と「モーラ」に分けることができる。前者の意味は不明で、さまざまな説が唱えられており、「キーキー」という擬音語からという考え方が有力である[1]。後者の「モーラ」はスラヴ人の民間伝承に登場する吸血夢魔モーラである。

外見[編集]

外見については複数の説がある。ある立場では、顔は白鳥のようなくちばしがあり、胴体は、足が。尾はボルゾイである。本項目の画像はこの説に基づいている。

別の伝承では小柄で痩せた、背の曲がった老婆姿の妖怪とイメージされている。

不幸な子供の死霊がキキーモラになるという伝説もあり、実際にロシアで一般的に信じられているキキーモラ像は、決して年をとらない少女である。

行動[編集]

目立つのを嫌うせいか、家の木陰にひそんでいる。働き者には願いをかなえ、怠け者は餌として喰らって行く。性格は大抵おっとりで、害されても抵抗はしない。他方で夜中に大暴れをし、騒音をまき散らす妖精とする解釈もある。

キキーモラを老婆とする場合はと密接な関連があるようで、家の中では騒いで安眠を妨げたり、火事、病などの災いをもたらす。また余所から来た大工がキキーモラを新築の家の中に入れて細工・呪術をしているという迷信もある。

キキーモラが特に強く関心を持っているのは機織りであり、夜中に大きな音を立てて機を織る。

キキーモラが登場する作品[編集]

漫画[編集]

  • 「モンスター・コレクション」2000年
  • 「靴ずれ戦線」2012年

短編[編集]

ゲーム[編集]

参考文献[編集]

  • 栗原成郎『吸血鬼伝説』(河出書房新社、1995年、ISBN 4-309-47282-6) - 128-131ページの「妖精キキーモラ」の節において、キキーモラに関する伝説や諸特徴の紹介、および夢魔モーラとの関係に関する考察がなされている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 栗原成郎『吸血鬼伝説』、河出書房新社、1995年、129ページ。