ガマグチヨタカ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガマグチヨタカ科
オーストラリアガマグチヨタカ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: ヨタカ目 Caprimulgiformes
: ガマグチヨタカ科 Podargidae
シノニム

Batrachostomidae

和名
ガマグチヨタカ(蝦蟇口夜鷹)
英名
Frogmouth

ガマグチヨタカ科(がまぐちよたかか、学名 Podargidae)は、鳥類ヨタカ目の1科である。ガマグチヨタカ(蝦蟇口夜鷹)と総称される。

特徴[編集]

南アジア南部、東南アジアニューギニア島オーストラリアなどに生息する。

(くちばし)は扁平で、先が鉤状に曲がっている。嘴の付け根には剛毛が生えている。口が非常に大きく、和名の「ガマグチ(蝦蟇口)」はこれに由来する。口蓋は合顎型で、アブラヨタカ科ズクヨタカ科と同じである。

多くの種で、褐色タイプと灰色タイプの2型を示す(雌雄や年齢の違いではない)。

昆虫食。夜行性。

系統と分類[編集]

ガマグチヨタカ科の系統的位置ははっきりしないが、アマツバメ目+ズクヨタカ科+ヨタカ科姉妹群である可能性が高い[1]

ヨタカ目は側系統なので、複数の単系統の目に分割し、ガマグチヨタカ科をガマグチヨタカ目 Podargiformes唯一の科とする説もある[2]

ガマグチヨタカ科には3属が属す。以前はガマグチヨタカ属 Batrachostomusアジア産)・オーストラリアガマグチヨタカ属 Podargusオーストラリア産)の2属に分けられていたが、Podargus の中で P. inexpectatus が孤立した系統位置にあることが判明し(ただし Podargus の単系統性は弱く支持された)、新属 Rigidipenna に移され R. inexpectata になった[3]。またかつては、ガマグチヨタカ科 Batrachostomidae とオーストラリアガマグチヨタカ科 Podargidae の2科に分ける説もあったが、Rigidipenna の存在により、仮に分けるとすれば3科が必要になる[4]




Daedalornithesアマツバメ目+ズクヨタカ科



ヨタカ科



ガマグチヨタカ科


オーストラリアガマグチヨタカ属



Rigidipenna




ガマグチヨタカ属




Sibley分類ではヨタカ亜目 Caprimulgi(伝統的なヨタカ目に相当)ガマグチヨタカ下目 Podargides とされ、ヨタカ下目 Caprimulgide(他の全てのヨタカ目に相当)と姉妹群だ考えられていた。また、ガマグチヨタカ科とオーストラリアガマグチヨタカ科に分かれていた。

属と種[編集]

3属14種が属す[4]

出典[編集]

  1. ^ Hackett, S. J.; et al. (2008), “A Phylogenomic Study of Birds Reveals Their Evolutionary History”, Science 320: 1763–1768 
  2. ^ Lista ptaków świata - ヤギェウォ大学環境科学校
  3. ^ Cleere, Nigel; et al. (2007), A new genus of frogmouth (Podargidae) from the Solomon Islands – results from a taxonomic review of Podargus ocellatus inexpectatus Hartert 1901, 149, p. 271–286, http://www.melanesiangeo.org/resources/Cleere%5B1%5D.etal.2007.pdf 
  4. ^ a b IOC World Bird List 2.4 Nightjars by Frank Gill, David Donsker and the IOC team