ガボンアダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガボンアダー
Vipere gabon 28.JPG
ガボンアダー Bitis gabonica rhinoceros
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: 有鱗目 Squamata
亜目 : ヘビ亜目 Serpentes
: クサリヘビ科 Viperidae
亜科 : クサリヘビ亜科 Viperinae
: アフリカアダー属 Bitis
: ガボンアダー B. gabonica
学名
Bitis gabonica
(Duméril & Bibron, 1854)
和名
ガボンアダー
英名
Gaboon viper

ガボンアダーBitis gabonica)は、動物界脊索動物門爬虫綱有鱗目クサリヘビ科アフリカアダー属に分類されるヘビ。有毒。別名ガブーンバイパーガボンバイパーガブーンクサリヘビガボンクサリヘビガブーンアダーガブンバイパーガボーンバイパー[1]というように、頻繁に目にするものから稀にしか使われないものまでさまざまな表記がある。 英名は「Gaboon viper」であるため、ガブーンヴァイパーガボンヴァイパーガブンヴァイパーと表記されることもある。


分布[編集]

アフリカ大陸中部から南部にかけて棲息。

形態[編集]

全長は、通常120‐160㎝程であるが稀に160‐180㎝程のものもいる。最大では205㎝の記録がある。体重は183cmの個体で11kgの記録がある。体形は太い。複雑な斑紋が入るが、落ち葉の上等では保護色になると考えられている。

吻端に1対の角状の突起がある。眼下部に黒い筋模様が入る。毒牙の長さは5cm(180㎝の個体の場合であり、通常はそれよりも短い)に達し、蛇類中最大の毒牙を持つ。

  • B. g. rhinoceros

吻端の角状突起が発達する。

[編集]

主成分は出血毒で、人間の致死量は60mg。そして本種が一噛みで出す毒量は平均350mgであり、適切な治療が行われなければ、まず助からない。コンゴ共和国ブラザビルで行われたテストでは、3回の計測の合計が2970mgもあった。

亜種[編集]

  • Bitis gabonica gabonica (Duméril & Bibron, 1854)
  • Bitis gabonica rhinoceros (Schlegel, 1855)

生態[編集]

熱帯雨林に生息する。冷静沈着な性格で性質はおとなしいが、危険を感じると噴気音をあげて威嚇する。 食性は動物食で、小型哺乳類、小型鳥類といった恒温動物を主に食べるが、ヒキガエル等を食べることもある。本種は他のクサリヘビとは違い、一旦噛み付くと、獲物が死ぬまで離さない。

繁殖形態は卵胎生で、1回に8-60頭の幼蛇を産む。

画像[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ Gaboonをローマ字読みしたものであるが、稀にしか使われない

参考文献[編集]

  • 『爬虫類・両生類800図鑑 第3版』、ピーシーズ、2002年、134頁。
  • 『小学館の図鑑NEO 両生類はちゅう類』、小学館、2004年、138頁。
  • 山田和久 『爬虫・両生類ビジュアルガイド ヘビ』、誠文堂新光社、2005年、109頁。

関連項目[編集]