ガブリエル・デュポン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ガブリエル・エドゥアール・デュポンGabriel Édouard Xavier Dupont, 1878年3月1日 カーン - 1914年8月1日 ヴェジネ)はフランス作曲家ドビュッシーの愛人だったガブリエル・デュポン(Gabrielle Dupont)とは別人。

生涯[編集]

マレルブ大学の教授カーンのサンテティエンヌ教会のオルガニストだった父親から、基礎教育を受けた。2人の兄はいずれも芸術家の道を歩んでおり、ギメ美術館の司書となったモーリスは文学者・東洋学者で、ル・サルトブルターニュの風景画家となったロベール(1873年 - 1949年)はパリの市庁舎の公式画家となった。

15歳でパリ音楽院に進学して和声法をトードゥに、対位法アンドレ・ジェダルジュに、作曲ジュール・マスネに師事。1895年アレクサンドル・ギルマンオルガンを、1897年から1903年までシャルル=マリー・ヴィドールにも作曲を師事。

兵役に就きながら1901年ローマ大賞に向けて準備するが、アンドレ・カプレに敗れて2位に甘んじた(3位はモーリス・ラヴェル)。歌劇La Cabrera 》によりソンゾーニョ作曲コンクールの覇者となり、スカラ座とその後のオペラ=コミック座での上演によって非常に有名になった。この他に3つの歌劇を作曲している。ジャン・リシュパン原作によるブルトン語メロドラマの《 Glu 》(1909年)、《風呂場の笑劇 La Farce du cuvier 》(1911年)、そして異国趣味を打ち出した《アンタール Antar 》(1912年14年)である。《アンタール》は作曲者没後の1921年3月にオペラ座で初演された。

デュポンは優れたピアニストでもあったので、10楽章からなるピアノ曲集《砂丘に建つ家 La maison dans les dunes 》を作曲(1908年 - 1909年)、1910年6月3日にサル・プレイエルにてデュメズニルによって初演された。

結核により他界。ヴェジネの墓地の見晴らしの良い場所に墓碑銘が置かれている。

音源・作品一覧・参考書籍については仏語版を参照のこと。

外部リンク[編集]