ガッガル・ハークラー川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
現在のタール砂漠とインダス川。真ん中にガッガル・ハークラーがある

ガッガル・ハークラー川とは、現在のパキスタン北部パンジャブ地方からインド北東部グジャラート州までを流域とした古代にインダス川と並行して流れていたとされる河川の名称。

概要[編集]

リグ・ヴェーダ』に「サラスヴァティー」なる川の記述があり、その所在は長らく不明であったが、旧河道跡が人工衛星で確認され、『リグ・ヴェーダ』の記述ともよく合致するため、幻の川サラスヴァティーであるとほぼ同定されている。この川の周辺からインダス文明遺跡が数多く発見されている。

インド側の呼称が「ガッガル」で、パキスタンの研究者は「ハークラー」と呼ぶため、ガッガル・ハークラー川と呼ばれる。紀元前2000年ごろの地殻変動で土地が隆起し、インダス川の流路が変わるとともに、ガッガル・ハークラー川が干上がり涸れた川となったと考えられている。このことによってインダス文明の水上交通網が寸断され、たび重なるインダス川の洪水と塩害によって耕地が荒れてしまい、インダス文明滅亡の主因となったと考えられている。

インダス文明の遺跡[編集]

ガッガル・ハークラー川の上流にあたるインド、ラージャスターン州北端部には、カーリバンガンの大都市が繁栄していた。現在は乾燥し、砂漠化の進行した地域は、古代にあっては幻の川「ガッカル・ハークラー」が流れ、旧河道沿いにインダス文明の遺跡が分布している。近年、発掘調査のおこなわれたドーラビーラ遺跡は、その河口付近にあり、遠くメソポタミアとの海洋交易の拠点であったことが明らかになりつつある[注釈 1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ アラブ首長国連邦バーレーンの遺跡からインダス文明から搬入された服飾品や土器印章などが出土している。『NHKスペシャル 四大文明 インダス』(2000)

出典[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

India 78.40398E 20.74980N.jpg この「ガッガル・ハークラー川」は、南アジアに関連した書きかけ項目です。
記事を加筆・訂正
してくださる協力者を求めていますPortal:アジア / ウィキプロジェクト 南アジア