ガエターノ・プニャーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ガエターノ・プニャーニ(Gaetano Pugnani 、1731年11月27日トリノ - 1798年7月15日トリノ)は、イタリアヴァイオリニスト作曲家。フルネームはジュリオ・ガエターノ・ジェロラモ・プニャーニ(Giulio Gaetano Gerolamo Pugnani)。

経歴[編集]

10歳の時、師であるジョヴァンニ・バッティスタ・ソミスが率いるトリノのレージョ劇場のオーケストラで演奏した。1748年、同オーケストラに正式に採用された。

1749年に奨学生としてローマのヴィンチェンツォ・チャンピに対位法を学び、1750年にトリノに戻った。

1754年パリコンセール・スピリチュエルでみずからのヴァイオリン協奏曲を演奏し、そのほかオランダロンドンドイツなど、演奏旅行した。

1763年にトリノの宮廷楽団で第2ヴァイオリンの首席奏者となった。

1767年にロンドンのキングス劇場の指揮者となり、ここで1769年に彼の最初のオペラ「ナネッタとルビーノ」を指揮した。

1770年にトリノの宮廷楽団の首席コンサートマスター、指揮者に就任。

1776年にトリノの宮廷ヴィルトゥオーソ、器楽部門総監督に、1786年に軍楽隊の楽長となった。この間1780年から1782年、弟子のジョヴァンニ・バッティスタ・ヴィオッティとともにロシアで演奏旅行を行った。

主な作品[編集]

  • 器楽作品
    • 18曲のソナタ
    • トリオ・ソナタ(多数)
    • 6曲の弦楽四重奏曲
    • 五重奏曲(さまざまな編成)
    • 12曲のシンフォニア、序曲(オーケストラ)
    • ヴァイオリン協奏曲
  • 声楽作品
    • アリア、カンタータ(各複数)
    • オラトリオ「解放されたベトゥーリア」
  • オペラ
    • ナネッタとルビーノ(1769年ロンドンで初演)
    • イセア(1771年トリノで初演)
    • アドニスとヴィーナス(1784年ナポリで初演)
    • スキロスのアキレス(1785年トリノで初演)
    • デモフォオンテ(1787年トリノで初演)
    • ロードス島のデメトリオ(1789年トリノで初演)

外部リンク[編集]