カールスルーエ中央駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カールスルーエ中央駅
駅外観
駅外観
Karlsruhe
所在地 ドイツの旗 ドイツ カールスルーエ
管理者 DB Station&Service
駅構造 地上駅
ホーム 15線
乗降人員
-統計年度-
55,000[1]人/日
-2008年-
開業年月日 1843年4月1日
1913年10月23日移転開業
備考 DS100コード - RK
駅コード - 3107
駅種別 - Bf
カテゴリー - 1

カールスルーエ中央駅(ドイツ語: Karlsruhe Hauptbahnhof)はドイツカールスルーエにある主要鉄道駅である。駅を管理するDB Station&Serviceが区分する基準でカテゴリー1に位置する駅で、各線が接続するターミナル駅として機能している。

停車中のトラムトレイン

歴史[編集]

最初の駅はカールスルーエマルクト広場(Karlsruher Marktplatz)の500m南側にマンハイム=バーゼル線と同時に2本のプラットホームで開業している。開業時は1,600mmの広軌で開業したが、程なくして1,435mmに改軌された。後にマックスアウ、プフォルツハイムハイルブロン、レオポルデシュハーフェンへの鉄道路線が開業し、輸送量の増加に伴って、古い駅では対応出来なくなってきた。1913年10月に新しい駅となる現在の駅が、旧駅の約1km南側に設置された。第二次世界大戦中は小規模な被災を受けたが、1990年代以降に駅は大規模な改修が行われカールスルーエモデルと呼ばれるトラムトレインが導入された。また、1日に150本の長距離列車が発着している。

脚注[編集]

  1. ^ Reisen, Service und Shopping für täglich 55.000 Reisende und Besucher. Information auf bahnhof.de, abgerufen am 13. Dezember 2008

外部リンク[編集]