カロリーネ・フォン・オラニエン=ナッサウ=ディーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カロリーネ・フォン・オラニエン=ナッサウ=ディーツ

カロリーネ・フォン・オラニエン=ナッサウ=ディーツドイツ語Karoline von Oranien-Nassau-Diez, 1743年2月28日 - 1787年5月6日)は、ナッサウ=ヴァイルブルク侯カール・クリスティアンの妃。ルクセンブルク大公アドルフ(元はナッサウ公)の曾祖母に当たる。オランダ語名はカロリーナ・ファン・オラニエ=ナッサウCarolina van Oranje-Nassau)。

オラニエ公ウィレム4世と妃アンナの娘として、レーウワルデンで誕生した。ウィレム5世は同母弟である。父ウィレム4世が1751年に急死した際、ウィレム5世はわずか3歳であったため、母アンナが摂政を務めた。しかしアンナも1759年に死去したため、父ウィレム4世の生母でカロリーネの祖母であるマリア・ルイーゼが摂政となった。マリア・ルイーゼが1765年に死去したとき、22歳になろうとしていたカロリーネが代わって弟の摂政を務め、ウィレム5世が18歳の成年に達した1766年に摂政の座を降りた。

カロリーネは教養ある女性で、特に音楽に秀でており、ピアノを演奏し歌ったという。幼いモーツァルトハーグへ招き、モーツァルトはカロリーネのために6つのピアノソナタを作曲した。モーツァルトは20歳になった1777年に再びカロリーネの元を訪問し、ナッサウ=ヴァイルブルク侯の居城があるキルヒハイムボーランデンで演奏会を開いた。

1760年3月、祖母マリア・ルイーゼが摂政を務めていた時期に、ナッサウ家別系統のナッサウ=ヴァイルブルク侯カール・クリスティアンと結婚し、16子をもうけた。成人したのは7人であった。