カリーンの剣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カリーンの剣
ジャンル アクションロールプレイングゲーム
対応機種 ディスクシステム
開発元 クリスタルソフト
発売元 スクウェアDOG
人数 1人
メディア ディスクカード
発売日 [FCD]1987年10月2日
テンプレートを表示

カリーンの剣』(カリーンのつるぎ)は、1987年スクウェアDOGより発売されたファミリーコンピュータ ディスクシステムアクションロールプレイングゲーム。開発はクリスタルソフト

ゲーム概要[編集]

トップビューの切り替え形マップ形式。マップ上を移動するモンスターに接触すると戦闘画面に切り替わる。戦闘は体当たりで行われ、どちらかが全滅するまで続けられる。途中で逃げることはできない。

何匹の敵と戦うかは戦闘開始までわからず、大勢の敵と遭遇した際は敵に囲まれないように移動する必要がある。

クイックセーブという簡易記録シムテムを採用しており、フィールドマップ内であれはどこでも使用できる。プレイヤーが死亡しゲームオーバーとなった場合はそこから復帰できるようになっている。

データは一時的にRAM内に記録されているだけのため、電源を切るとその内容は失われる。ゲームを中断する際はディスクカードに記録する必要がある。このシステムは当時の同ゲーム広告内にて「0.08秒のクイックセーブ」と宣伝文句の一つになっていた。

ストーリー[編集]

平和だったアリタニア王国に突如魔物が現れ、国は乱れる。これを解決できるのは行方不明となった魔術師「グラドリフ」だけであった。国王は一人の勇者にグラドリフの捜索を依頼したのである。

外部リンク[編集]