カメハメハ2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カメハメハ2世
Kamehameha Ⅱ
ハワイ国王
Kamehamehaii.jpg
カメハメハ2世
在位 1819年5月20日 - 1824年7月14日
全名 Kalani Kaleiʻaimoku o Kaiwikapu o Laʻamea i Kauikawekiu Ahilapalapa Kealiʻi Kauinamoku o Kahekili Kalaninui i Mamao ʻIolani i Ka Liholiho
出生 1797年11月
Flag of Hawaii.svg ハワイ王国ハワイ島ヒロ (ハワイ島)
死去 1824年7月14日
イギリスの旗 イギリスロンドン
王弟 カメハメハ3世
配偶者 カママル
  キナウ
王朝 カメハメハ
父親 カメハメハ1世
母親 ケオプオラニ
サイン Signature of Kamehameha II (Tamehameha).svg
テンプレートを表示

カメハメハ2世Kamehameha II, リホリホ Lihiliho 1797年 - 1824年7月14日)はハワイ王国二代目の王である。(英語による解説→Kamehameha II

先代のカメハメハ1世(カメハメハ大王)とその第一王妃との間に生まれ、5歳の時から跡継ぎとして教育された。1819年5月に父カメハメハ1世が死去し国王の座に就いたが、行政は父の寵愛を受けた継母で摂政のカアフマヌと首相の手に握られ、実質的な権力はほとんど持たなかったといわれる。

カアフマヌはカメハメハ1世の死後すぐに、カメハメハ2世の名においてハワイにあったカプと呼ばれる多くの伝統的タブーを廃止した。これは当時絶大な力を持っていたカフナ(神官)たちの権威を失墜させることで、父ほどのカリスマ性を持たないリホリホの王位と王政を維持しようという戦略であったとも言われている。

またキリスト教宣教師が初めてハワイに上陸したのもこの王の治世下であった。宣教師の到来とともに、布教上の必要もあって英語のアルファベットによる文字教育が始められた。このことによってハワイの教育水準は上がったが、それまでの口承文化が衰え、複雑な母音や子音がアルファベットに合わせて統合簡略化されたため、古来から伝わるハワイ語の正しい発音が永遠に失われることにもなった。

1823年11月、カメハメハ2世と王妃はイギリスとの同盟関係の交渉を行うためロンドンへ向かうが、ジョージ4世との謁見を果たす前に王妃とともに麻疹にかかり、免疫を持たなかった王は1824年7月14日に死去した。弟カウイエカウリがカメハメハ3世として跡を継いだ。