オーギュスタン・ピラミュ・ドゥ・カンドール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Augustin Pyrame de Candolle

オーギュスタン・ピラミュ・ドゥ・カンドール(Augustin Pyramus de Candolle または Augustin Pyrame de Candolle、1778年2月4日1841年9月9日)は、スイス植物学者である。

カンドールはチャールズ・ダーウィンのと自然淘汰の原理に影響を与えた "自然の戦争"の考え方を示し、異なる種が、類似する環境のもとで、同じような性質を発達させるいわゆる「相似(analogy)」の現象を認識した[1]。一定の光の下でも、植物の葉の動きが日変化することを認識し、植物に内部的な生物時計があることを主張した。

オーギュストの子孫、アルフォンス・ドゥ・カンドール(Alphonse de Candolle)やカジミール・ピラミュ・ドゥ・カンドール(Casimir Pyrame de Candolle)も分類学の研究に貢献し、オーギュスタンが編集を始めた、植物カタログProdromus Systematis Naturalis Regni Vegetabilisの作成を行った。

生涯[編集]

ジュネーヴに役人の息子に生まれた。先祖は16世紀に宗教迫害からジュネーヴに逃れたフランスの名家であった[2]。7歳の時に水頭症にかかるが、文学などに才能をみせた。Collège CalvinでJean Pierre Étienne Vaucherに学び、植物学を研究することを決めた。1796年にデオダ・ドゥ・ドロミューの招きをうけてパリに赴き、1798年に René Louiche Desfontaines の助けで シャルル=ルイ・レリティエ・ドゥ・ブリュテルの薬草園で働いた。この仕事で評価を受け、1799年に最初の著書、Plantarum historia succulentarum を出版し、1802年にAstragalogia を出版した。ジョルジュ・キュヴィエラマルクの注目するところとなり、キュビエの推薦で、1802年にコレージュ・ド・フランスで仕事を得た。ラマルクから植物誌、Flore française の第3版の編集を任された。この仕事で、カール・フォン・リンネの人工的分類法と異なる、植物の特徴に従う自然分類法を採用した[3]

1804年にEssai sur les propriétés médicales des plantesを出版し、パリ大学医学部から医学の学位を得た。2年後 Synopsis plantarum in flora Gallica descriptarumを出版した。その後6年間、フランス政府の求めで、フランス各地の、植物、農業の調査を行った。1807年モンペリエ大学医学部の植物学の教授に任じられた。1813年にThéorie élémentaire de la botaniqueを出版し、始めて分類体系(taxonomy)という用語を使った。1816年にジュネーヴに戻り、1834年までジュネーヴ大学で植物学と動物学の教授を務めた。1817年にはジュネーヴで最初の植物園を設立した。

その後は植物の完全な分類をめざす著作Regni vegetabillis systema naturaleの執筆に費やすが、2巻を発行した時点で大規模なプロジェクトの完成を断念し、1824年からより小さいProdromus Systematis Naturalis Regni Vegetabilisの刊行を始め、構想の2/3の、7巻を完成した。種を100以上の属に実証的な特徴で分類を行った。

オーギュストの子孫は3世代にわたって植物学者となった。息子のアルフォンス・ドゥ・カンドールもオーギュストの仕事を引き継ぎ、比較形態学植物分類学植物地理学などでの業績で知られ、孫のカシミール・ピラミュ・ドゥ・カンドールもProdromus Systematis Naturalis Regni Vegetabilisの補遺、改訂を行った。ひ孫のRichard Emile Augustin de Candolleも植物学者となった。

植物の属 CandolleaCandolleodendron の属名は彼に献名されている。分類学の科学誌『Candollea』はカンドール一族の貢献から誌名にされている。

著書Plantarum historia succulentarumの図版[編集]

著作[4][編集]

  • Histoire des plantes grassesPlantarum historia succulentarum)(1799–1803, dt. Teilübersetzung 1981)
  • Monographie des Astragales (1802)
  • Essai sur les propriétés médicinales des plantes comparées avec leurs formes extérieures et leur classification naturelle (Habilitationsschrift, 1804, deutsche Übersetzung der 2. Auflage 1818).
  • Mitarbeit bei der Überarbeitung der „Flore française“ von Lamarck (1300 Arten hinzufügte, 1805),
  • Théorie élémentaire de la botanique (1813, dt. Übersetzung 1814–1815)
  • Essai élémentaire de géographie botanique (1820)
  • Prodromus systematis naturalis regni vegetabilis (ersten 7 Bände, 1824–1841), Online
  • Revue de la Famille des Cactées. In: Memoires du Museum d'Histoire Naturelle. Band 17, 1828, S. 1–119, 21 Tafeln, Online.
  • Mémoire sur quelques espèces de cactées, nouvelles ou peu connues. Treuttel & Würtz, Paris 1834, Online.

脚注[編集]

  1. ^ Desmond, Adrian; Moore, James (1991). Darwin. London: Michael Joseph, Penguin Group. ISBN 0-7181-3430-3.
  2. ^ Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Candolle, Augustin Pyrame De". Encyclopædia Britannica (11th ed.). Cambridge University Press. http://www.gutenberg.org/files/33052/33052-h/33052-h.htm#ar78.
  3. ^ Gray, Asa; Sargent, Charles (1889). Scientific papers of Asa Gray: Selected by Charles Sprague Sargent. Houghton Mifflin. http://books.google.com/books?id=_48KAAAAMAAJ&pg=PA292. Retrieved 15 May 2011.
  4. ^ de版の著作リストを流用