オレーグ・ベーチン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロシアの旗 ロシアの政治家
オレーグ・ベーチン
Олег Иванович Бетин
Oleg Betin 2012-01-04.jpeg
オレーグ・ベーチン(2012年1月4日撮影)
生年月日 1950年8月25日(64歳)
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 ロシア共和国タンボフ州タンボフ
所属政党 ソ連共産党 →)
統一ロシア

任期 1993年 -
テンプレートを表示

オレーグ・イヴァーノヴィチ・ベーチンロシア語: Олег Иванович Бетин、ラテン文字表記の例:Oleg Ivanovich Betin1950年8月25日 - )は、ロシア科学者政治家化学博士経済学博士。1995年からタンボフ州行政長官、知事。与党統一ロシア所属。

政治的活動[編集]

1981年共産党タンボフ州委第一書記補佐、コトフスキー地区委第一書記。1990年ロシア連邦共和国人民代議員と、党中央委員に選出された。1991年12月、ロシア人民代議員。1992年1月、タンボフ州行政府第一副長官(第一副知事)経済・行政管理を担当する。1995年3月、ボリス・エリツィンのロシア大統領令によりタンボフ州行政長官(知事)に任命される。同年12月、州知事選挙では左翼候補のアレクサンドル・リャボフに敗れる。 1996年から1998年までロシア連邦金庫タンボフ州部長。1998年から1999年までロシア連邦タンボフ州大統領全権代表。1999年12月26日、タンボフ州知事選挙に立候補し当選する。 2000年1月、ロシア連邦議会上院連邦会議代議員に選出される。上院では予算、財政、金融、関税、銀行委員会に所属した。2001年上院の議員選出制度の改正とこれにともなう改選により上院議員を離任した。 2003年12月3日タンボフ州知事選挙で71パーセントの得票で再選された。2005年7月13日ウラジーミル・プーチン大統領によって知事に任命され、タンボフ州議会は満場一致で承認した。

2000年に人道的な見地から、チェチェン共和国に食糧を輸送を決断している。[1] その一方で、ベーチンは、同性愛者などの性的マイノリティに批判的な言動で知られている。[2]

2000年名誉勲章を受章。


脚注[編集]

  1. ^ http://www.hro.org/war/169.htm
  2. ^ http://www.newsru.com/russia/28jul2008/gubervsgeys.html

外部リンク[編集]

先代:
タンボフ州行政長官
1995年
次代:
アレクサンドル・リャボフ
先代:
アレクサンドル・リャボフ
タンボフ州知事
1999年 -
次代:
(現職)