オレグ・ガズマノフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オレグ・ガズマノフ

オレグ・ミハイロヴィッチ・ガズマノフロシア語: Оле́г Миха́йлович Газма́новOleg Mikhaylovich Gazmanov1951年7月22日 ‐ )は、ロシアカリーニングラード州グセフ出身のポップシンガー。作詞や作曲を務めることもある。

ロシアの歴史や、ロシアを称賛する愛国歌を主に歌っている。また、ロックバンドのЭскадрон(Squadron、スカドロン)のボーカリストでリーダーを務めており、メンバーにレゾフ・ヴァレンティン(ベースギター)、ユーリ・ビバチェフ(ボイスパーカッション)、ドミトリー・アンドリアノフ(ギター)、アンドレイ・ゴレンコ(キーボード)がおり、いずれもソロでの活動も行っている。

屋外で歌を披露するために招待され、マイクを握ったところ機材が漏電しており触った瞬間感電してしまったことがある。彼は地面に倒れたもののすぐに起き上がり、大事には至らなかった。しかし後日、朝のトークショーに出演していたところ彼の後ろにあった機材が突如倒れて彼の頭に直撃する事故が立て続けに発生した。

バイオグラフィー[編集]

  • 1991年 — « Эскадрон »
  • 1993年 — « Морячка »
  • 1994年 — « Загулял »
  • 1996年 — « Бродяга »
  • 1996年 — « Москва. Лучшие песни »
  • 1997年 — « Эскадрон моих песен шальных… »
  • 1998年 — « Красная книга »
  • 2000年 — « Из века в век. Избранное »
  • 2002年 — « Первый раунд — 50! »
  • 2003年 — « Мои ясные дни »
  • 2004年 — « Господа Офицеры — 10 лет »
  • 2005年 — « Сделан в СССР »
  • 2006年 — « Лучшие песни »
  • 2008年 — « Семь футов под килем »

外部リンク[編集]