オッセオインテグレーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チタン(黒い部分)と結合した骨(赤い部分)組織切片

オッセオインテグレーション英語: Osseointegration)とは、チタン光学顕微鏡のレベルで直接的に一体化した状態の事[1]ラテン語で骨を表すosギリシャ語で骨を表すosteonと英語で統合を表すintegration<ラテン語で統合を表すintegrare からの造語。近年主流のデンタルインプラントにおける重要な治療概念である。

歴史[編集]

スウェーデンルンド大学医学部教授であるペル・イングヴァール・ブローネマルクが1952年、兎の脛にチタン製の生体顕微鏡を取り付け、微少血流の観察実験を行っていた。その器具を外そうとした際、チタンと骨がくっつき外せなくなったことより、チタンと骨の組織が拒否反応を起こさず結合することを発見、この現象をオッセオインテグレーションと名づけた[2][3][4][5]

臨床応用[編集]

この発見によりしっかりと骨と結合したデンタルインプラント治療が可能となり、現在のデンタルインプラント治療における基本理論の一つとなっている。

脚注[編集]

  1. ^ Miller, Benjamin F.; Keane, Claire B. (1992). Encyclopedia and dictionary of medicine, nursing, and allied health. Philadelphia: Saunders. ISBN 0-7216-3456-7. 
  2. ^ Brånemark PI (September 1983). “Osseointegration and its experimental background”. The Journal of Prosthetic Dentistry 50 (3): 399–410. doi:10.1016/S0022-3913(83)80101-2. PMID 6352924. 
  3. ^ Brånemark, Per-Ingvar; Zarb, George Albert; Albrektsson, Tomas (1985). Tissue-integrated prostheses: osseointegration in clinical dentistry. Chicago: Quintessence. ISBN 978-0-86715-129-9. 
  4. ^ Albrektsson, Tomas; Zarb, George A. (1989). The Branemark osseointegrated implant. Chicago: Quintessence Pub. Co. ISBN 978-0-86715-208-1. 
  5. ^ Beumer, John; Lewis, Steven (1989). The Branemark implant system: clinical and laboratory procedures. St. Louis: Ishiyaku EuroAmerica. ISBN 0-912791-62-4. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]