オスティア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オスティア (ローマの分離集落)
Ostia
オスティア (ローマの分離集落)の風景
行政
イタリア国旗 イタリア
Flag of Lazio.svg ラーツィオ
Blank.png ローマ
CAP(郵便番号) 00121, 00122
市外局番 06
分離集落
隣接コムーネ
人口
人口 85,301 人 (2010年)
人口密度 -- 人/km2
文化
地理
座標 北緯41度43分59.68秒 東経12度16分44.18秒 / 北緯41.7332444度 東経12.2789389度 / 41.7332444; 12.2789389座標: 北緯41度43分59.68秒 東経12度16分44.18秒 / 北緯41.7332444度 東経12.2789389度 / 41.7332444; 12.2789389
標高 5 m
面積 -- km2
オスティアの位置(イタリア内)
オスティア
オスティア (ローマの分離集落)の位置
Flag of Italy.svg ポータル イタリア
テンプレートを表示

オスティアOstia)は、イタリア ラツィオ州 ローマの第10区(ムニチーピオ)にある町。リド・ディ・オスティア(Lido di Ostia)やリド・ディ・ローマ(Lido di Roma)と表記されることもある。テヴェレ川河口部のティレニア海沿いにあり、かつて古代ローマ時代に栄えた港町を起源とする。

ローマ市分離集落(フラツィオーネ)であり、イタリア国内でヴェネツィアメストレと同じく、その人口が多いことで有名である。夏場はローマ市民が大勢訪れるビーチとして賑わっており、人口は約85,000人である。

オスティア・アンティカ[編集]

町の北部に古代ローマ遺跡のオスティア・アンティカがあり、多くの観光客が訪れている。このかつての海港都市遺跡は、テヴェレ川による土砂の堆積により海岸線から離れ内陸となり、現在では港町の面影はない。紀元1世紀にはクラウディウス帝がテヴェレ川の対岸にオスティア港を造営するなど、この地域はローマの外港として栄えていた。

関連項目[編集]

交通機関[編集]

新市街の中心には近郊鉄道ローマ=リード線のリド・チェントロ駅 (Lido di Ostia Centro)があり、ローマ市中心部の始発駅ローマ・ポルタ・サン・パオロからの所要時間は30分である。列車は平日昼間は4本/時間、日曜昼間は2本/時間の運行頻度であり、切符はローマ市内の地下鉄・近郊鉄道のものが通用する。

フィウミチーノ空港との間はCOTRAL社のバスが運行されていて、昼間は2本/時間の運行頻度である。