オガサワラゴキブリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オガサワラゴキブリ
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: ゴキブリ目 Blattaria
: オオゴキブリ科 Blaberidae
亜科 : オガサワラゴキブリ亜科 Pycnoscelinae
: オガサワラゴキブリ属 Pycnoscelus
: オガサワラゴキブリ
P. surinamensis
学名
Pycnoscelus surinamensis
Linnaeus
和名
オガサワラゴキブリ

オガサワラゴキブリ(小笠原蜚蠊、学名: Pycnoscelus surinamensis)は、ゴキブリ目オオゴキブリ科に属する昆虫の一種。

分布[編集]

世界中の熱帯・亜熱帯域に分布する。東洋熱帯が原産地と考えられるが、詳しいことはわかっていない[1]

日本では九州大分県)、南西諸島伊豆諸島小笠原諸島に分布する[2]。最近では富山県千葉県でも記録されている[3]。日本国内では外来種として扱われる[4]

特徴[編集]

体長13-18mm、前翅長12-18mm[1]

前胸部は光沢のある黒色で、前縁が黄色で縁取られる。前翅は茶褐色。

平地に多く生息する。卵胎生。

参考文献[編集]

  1. ^ a b 朝比奈正二郎 『日本産ゴキブリ類』 中山書店1991年12月10日ISBN 4-521-00281-1
  2. ^ 鈴木知之 『ゴキブリだもん 美しきゴキブリの世界』 幻冬舎2005年3月31日ISBN 4-344-80496-1
  3. ^ 春成常仁、斎木淳、谷川力、富岡康浩「千葉県市川市の複合ビルにおけるオガサワラゴキブリPycnoscelis surinamensisの捕獲」、『家屋害虫』第31巻第2号、日本家屋害虫学会、2009年12月28日、 109-111頁、 NAID 110007659941
  4. ^ 村上興正・鷲谷いづみ(監修) 日本生態学会(編著) 『外来種ハンドブック』 地人書館2002年9月30日ISBN 4-8052-0706-X