オオハシバト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オオハシバト
オオハシバト
オオハシバト Didunculus strigirostris
保全状況評価[a 1]
ENDANGERED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 EN.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: ハト目 Columbiformes
: ハト科 Columbidae
亜科 : オオハシバト亜科 Didunculinae
: オオハシバト属
Didunculus Peale 1848
: オオハシバト D. strigirostris
学名
Didunculus strigirostris (Jardine, 1845)
和名
オオハシバト
英名
Tooth-billed pigeon

オオハシバトDidunculus strigirostris)は、は、鳥綱ハト目ハト科オオハシバト属に分類される鳥類。本種のみでオオハシバト亜科オオハシバト属を構成する。

分布[編集]

サモアウポル島サバイイ島[1]固有種

形態[編集]

全長31-38センチメートル[1]。頭部や頸部、下面の羽衣は光沢のある緑黒色、上面の羽衣や翼、尾羽は赤褐色[1]

眼の周囲には羽毛がなく、赤い皮膚が裸出する[1]虹彩は褐色[1]。嘴は太く上嘴の先端は鉤状に尖り、下嘴の側面は鋸状に尖る[1]。嘴の色彩は黄色で、基部は赤い[1]。後肢は長く、色彩は赤い[1]

幼鳥は体上面の羽衣や雨覆が黒く、羽毛の外縁(羽縁)が赤褐色[1]。嘴の色彩が黒ずむ[1]

生態[編集]

標高300-1,400メートルにある熱帯雨林やその林縁に生息する[1]

食性は植物食で、果実ニガカシュウバショウ属など)、種子マホガニーなど)などを食べる[1]。樹上で採食を行う[1]

繁殖形態は卵生。樹上に皿状の巣を作り(元々は地表で営巣していたが、外来種による食害を避けるために樹上に営巣するようになったとされる。)、卵を産む。

人間との関係[編集]

開発による生息地の破壊、人為的に移入されたネズミやブタによる卵の捕食などにより生息数は激減している。狩猟によるハト科他種との混獲も懸念されている[1]1990-1991年の大規模なハリケーンにより、本種の生息地の大部分が消失している[1]。法的に保護の対象とされ、サモアでは自然保護を象徴するシンボルに選ばれている[1]。1980年代における生息数は5,000-7,000羽と推定されている[1]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ8 太平洋、インド洋』、講談社2001年、198頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ The IUCN Red List of Threatened Species
    • BirdLife International 2012. Didunculus strigirostris. In: IUCN 2012. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2012.1.