エーベルハルト・ヴェルディン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エーベルハルト・ヴェルディン(Eberhard Werdin, 1911年10月19日 - 1991年5月25日)はドイツ作曲家

ノルトライン=ヴェストファーレン州シュペンゲ出身。ハノーファーの教育大学在学中から作曲を学び、ビーレフェルトオーストリアの作曲家オットー・ジーグルに師事した。その後故郷の小学校教師となるが、ケルン音楽大学に入学してフィリップ・ヤルナッハに師事した。1952年からはレバークーゼンの音楽学校の教授となり、1955年から1969年までロベルト・シューマン大学デュッセルドルフの講師も兼ねた。

作品には劇場音楽、プロオーケストラのための曲、学校オーケストラのための曲、合唱曲、室内楽曲などがあり、音楽教育に関する著書もある。作品はカール・オルフの影響を受けているほか、戦争中に触れたロシアウクライナルーマニアフランス民謡も取り入れている。

文献[編集]

  • Michael Schenk: Zwischen Ideologie und Innovation. Eberhard Werdin und die Bedeutung der Musikpraxis in Schulmusik und Musikschule der Nachkriegszeit. Essen 2001, ISBN 3-89206-059-2