エンジェルフォール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エンジェルフォール
SaltoAngel4.jpg
位置 北緯5度57分32.13秒
西経62度29分32.13秒
所在地 ベネズエラの旗 ベネズエラ
落差 979m
水系 オリノコ川
テンプレートを表示

エンジェルフォール英語Angel Fallsペモン語en]:Kerepakupai merúParakupa-venaスペイン語Salto Ángel)は、南アメリカ大陸北部のギアナ高地にある世界最大級の行政上は、ベネズエラボリバル州グランサバナ (en) のカナイマ国立公園内に所在する。世界最大の落差 979 m / 3,212 ft [1](岩にぶつかることなく直下する距離は 807 m / 2,648 ft [1]を誇る滝として著名(参考資料世界一の一覧#川・滝1 E2 m)。

呼称[編集]

滝のスペイン語名・英語名等は、その存在を世界に向けて大々的に紹介した最初の人物である、アメリカ人探検飛行家ジミー・エンジェルの名にちなむ。すなわち滝の名が「天使の滝」の意を持つわけではなく、その含意は「エンジェル氏の滝」である。

現地名 Kerepakupai merú および Parakupa-vena は、現地域グラン・サバナ (en) に暮らす先住民部族ペモン (en) の言葉(ペモン語)で、それぞれ「waterfall of the deepest place」「the fall from the highest point」という意味である。

概要[編集]

ギアナ高地にある最大のテプイ(ギアナ高地のテーブルトップマウンテン)であるアウヤンテプイから流れ落ちる。落差が非常に大きいため、落下する水は滝下部に達するより前に中空に拡散してしまうため滝壺が存在しない。空中に拡散した水は空気と絡み合い、滝下部は暴風雨のようになっている。

先住民以外では、ベネズエラ人探検家 Ernesto Sánchez La Cruz による1910年の報告が、発表されている最初のものであるが[誰?]、世界的に知られるようになったのは、1937年金鉱山を探しながら飛行機を飛ばしていてこの滝を発見したミズーリ州スプリングフィールド生まれのアメリカ人探検飛行家ジェームズ・クロフォード・エンジェル・マーシャル(ジミー・エンジェル)の紹介による。彼の一行はアウヤンテプイに着陸したが、再離陸ができなくなった。そのため、飛行機に同乗していたジミー・エンジェルとその妻、2人の地質学の4人は、11日かけて徒歩で下りるはめになった。なお、アウヤンテプイの頂上台地で置き去りになっていったジミー・エンジェルの飛行機は1970年ベネズエラ軍によって回収され、修理された後、現在(2012年時点)はシウダー・ボリーバルの空港の前に設置・公開されている(■右列に画像あり)。

アクセス[編集]

カナイマ (Canaima) からボートツアーが出ている。遊覧飛行のついた2泊3日のツアーが一般的。また、カナイマは陸の孤島であるため、航空機でしか行くことができない。

Partly clouded view during the end of the dry season.
View of Angel Falls and Auyán-tepui from Isla Raton camp

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Angel, Salto” (en). World Waterfall Database. 2010年4月6日閲覧。

関連項目[編集]