エル・ブジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エル・ブジの正面玄関

エル・ブジ[1](El Bulli、elBulliとも表記する[2])は、スペインカタルーニャ州コスタ・ブラバロザスにあった三つ星レストラン。イギリスの雑誌『レストラン』において5度の世界一のレストランに選ばれており[3][4]、約50席しかないシートに世界中から年間200万件もの予約希望が殺到し、「世界一予約が取れないレストラン」と呼ばれていた。料理長はフェラン・アドリア

概要[編集]

バルセロナから車で2時間ほど北にあるロサスという高級リゾート地から、さらに7kmほど西のカラ・モンジョイという入り江を見下ろす立地にあったレストラン。バルセロナから高速で1時間半の距離。約60~70人という大人数のスタッフで、フェラン・アドリアとジュリ・ソレールが経営。

独創的な料理を提供し続けるため、半年のみ(4〜10月まで)営業して、残りの半年間は新しいメニューの開発という独自営業スタイル。 料理はアラカルトではなく、全てコース料理。品数はとても多く、40皿以上に及ぶこともある。毎シーズン、メニューを一新するので同じ料理は二度と提供されない。またお客は最初に厨房に案内され、見学してから食事を愉しみ、食後に厨房で別れの挨拶をするのが、エル・ブリ流のおもてなし。 エスプーマアルギン酸カプセル(人造イクラ)を使った調理科学や、醤油柚子など日本の食材を使った斬新な西洋料理で人気を博した。

しかしオープンから46年が経ち、フェラン・アドリアが多忙すぎて自分自身の料理を見失ったとして2012年と2013年に一時休業することを決め[5]2011年7月30日まででレストランとしては閉店した[6]

2014年からは、エル・ブジに隣接して建てられる料理の研究機関「エルブジ・ファウンデーション」として活動を再開する予定[7]

店名の由来は、初代オーナーであったハンス・シリングとマルケッタ・シリング夫妻の愛犬が、「ブジ」とういうフレンチ・ブルドッグだったことから『エル・ブジ』に。

年表[編集]

  • 1964年 - 開店
  • 1992年 - 国立ガストロノミー賞授与
  • 1997年 - ミシュラン三ツ星獲得
  • 2002年 - 世界ベストレストラン50の第1位に
  • 2006年2009年 - 世界ベストレストラン50の第1位に (4年連続)
  • 2009年 - ドキュメンタリー映画「エル・ブリの秘密」を撮影
  • 2011年 - 7月30日 閉店

勤務経験のある日本人[編集]

  • 山田チカラ
  • 永島健志
  • 橋本宏一
  • 茂呂岳夫
  • 染川武司
  • 高橋幸輝

脚注[編集]

  1. ^ エル・ブジはスペイン語による発音に基づく表記で、カタルーニャ語発音: [əɫ ˈβuʎi] を踏まえて「エル・ブリ」と表記することも多い。なお標準カタルーニャ語発音ではアル・ブリのように発音される。
  2. ^ El Bulli website
  3. ^ World's 50 best restaurants”. Restaurant Magazine (2008年4月21日). 2008年4月21日閲覧。
  4. ^ Fleming, Amy; Smithers, Rebecca (2009年4月21日). “Gordon Ramsay off the menu as San Pellegrino's best restaurants are chosen”. The Guardian. 2009年4月21日閲覧。
  5. ^ 多忙すぎて休業!世界一のレストラン「エルブジ」‎ IBTimes
  6. ^ ぐるなびテレビに出たお店”. ぐるなび. 2011年9月24日閲覧。
  7. ^ スペインの「世界一のレストラン」が閉店、料理研究所へAFPBB2011年11月30日

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

  • フェラン・アドリアほか(清宮真理ほか訳)『エル・ブリの一日―アイデア、創作メソッド、創造性の秘密』ファイドン、2009年
  • 山本益博『エル・ブリ 想像もつかない味』光文社(光文社新書)、2002年
  • 渡辺万里『エル・ブジ 至極のレシピ集―世界を席巻するスペイン料理界の至宝 』日本文芸社、2000年

座標: 北緯42度15分00秒 東経3度13分35秒 / 北緯42.25000度 東経3.22639度 / 42.25000; 3.22639