エリーザベト・マリー・ペツネック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エリーザベト皇女

エリーザベト・マリー・ヘンリエッテ・シュテファニー・ギーゼラ(Elisabeth Marie Henriette Stephanie Gisela von Habsburg-Lothringen, 1883年9月2日 - 1963年3月16日)は、ハプスブルク家の大公女。愛称はエルジ(Erzsi)。オーストリア皇太子ルドルフベルギー王女(レオポルド2世の娘)ステファニーの一人娘。皇帝フランツ・ヨーゼフ1世と皇后エリーザベトの孫娘。 

5歳の時に父ルドルフが「マイヤーリンク事件」にて死亡する。15歳の時に、祖母エリーザベト皇后が無政府主義者により暗殺される。17歳の時にオットー・ツー・ヴィンディシュ=グレーツ侯爵と出会い、1902年1月に身分違いの結婚をする。結婚と同時に皇位継承権の放棄の宣誓署名式を行い、皇室と公式に別れを告げたが、皇帝の配慮で皇族としての特権は残された。 

1904年に長男フランツ・ヨーゼフ、翌年に次男エルンスト・ヴェーリアント、1907年に三男ルドルフ、1909年に長女シュテファニーStephanie, Princess zu Windisch-Graetz)と3男1女に恵まれたが、いつの間にか夫との間には隙間風が吹き始めた。

第一次世界大戦中は赤十字の看護婦として兵士の看護に当たった。1919年に夫ヴィンディシュ=グレーツとの離婚調停が始まり、1924年に別居した。法廷は子供全員の親権をオットーに与えたため、離婚調停後、エリザベートの元に警察が来て子供の引き渡しを求めたが、子供を取り上げられることに同情したオーストリア社会民主党の運動員たちが阻止した。これをきっかけに、社会民主党の指導者レオポルト・ペツネックLeopold Petznek)との同居が始まり、また社会民主党に入党して世間を驚かせた。エリーザベトは世間から「赤い皇女」と呼ばれた。

1938年アドルフ・ヒトラーによってオーストリアがドイツに併合された後、1944年8月22日にペツネックは逮捕され、ダッハウ強制収容所に送られるが、1945年6月に解放されてエリーザベトの元へ戻った。エリーザベトは第二次世界大戦中、ウィーンで亡命者の援助などをしていた。1948年にオットー・ヴィンディッシュ=グレーツと正式に離婚し、ペツネックと再婚した。

1963年3月16日、エリーザベトは79歳で亡くなった。墓石には名前も碑文も記されなかった。また、遺品や絵画はすべて国に寄贈するという遺言を残した。ハプスブルク家のものは国に返すべき、という考えに基づいて行なった事だった。