カルロス・ウゴ・デ・ボルボン=パルマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カルロス・ウゴ・デ・ボルボン=パルマ, 1968

カルロス・ウゴ・デ・ボルボン=パルマ・イ・ボルボン=ブセCarlos Hugo de Borbón-Parma y Bourbon-Busset, 1930年4月8日 パリ - 2010年8月18日 バルセロナ[1])は、イタリアの旧諸侯パルマ公爵家の家長(1977年 - 2010年)[2]、そしてスペインカルリスタ王位請求者(1975年 - 2010年)。フランス国籍で、出生名はユーグ・グザヴィエ・マリー・シスト・ルイ・ロベール・ジャン・ジョルジュ・ブノワ・ミシェルHugues Xavier Marie Sixte Louis Robert Jean Georges Benoît Michel)。守旧派のカルリスタ党の領袖でありながら自主管理社会主義に基づく君主制の樹立を主張し[3]、カルリスタ勢力の分裂を招いた。1979年にフアン・カルロス1世治下のスペインに帰化して政治活動から退いた。

生涯[編集]

ブルボン=パルマ公子サヴェリオ(グザヴィエ/ハビエル)とその妻のマドレーヌ・ド・ブルボン=ビュッセ伯爵令嬢(Madeleine de Bourbon-Busset, 1898年 - 1984年)の間の第2子、長男ユーグとして生まれた。父は最後のパルマ公ロベルト1世の七男、母はブルボン公ピエール2世の弟リエージュ司教ルイ・ド・ブルボンの庶子に始まるブルボン=ビュッセ家(Maison de Bourbon-Busset)の末裔である。

父は1936年、カルリスタ正統系の最後の当主サン・ハイメ公アルフォンソ・カルロスから後継者に指名され、1952年にカルリスタのスペイン王位請求者となることを宣言した。しかしスペイン総統フランシスコ・フランコは次期国王にスペイン王アルフォンソ13世の孫フアン・カルロス王子を選んでおり、この主張を無視した。サヴェリオは1957年5月5日に長男ユーグを王位継承者に指名し、アストゥリアス公およびサン・ハイメ公に叙爵した。ユーグは1963年6月28日にパリのセーヌ控訴裁判所の認可によりシャルル・ユーグ(Charles Hugues…)と改名し、これ以降はスペインでの政治活動でも「カルロス・ウゴ(Carlos Hugo)」として知られるようになった。1964年2月には、父によりマドリード公に叙爵された。

1963年、スペイン留学中だったオランダ女王ユリアナの次女イレーネ王女と知りあって婚約したが、この婚約はオランダにおいて憲政上の危機を引き起こした。オランダ王室(オラニエ家)は伝統的にプロテスタント信徒で、カトリック信徒が王子女の配偶者になることは忌避されており、2人の婚約はその暗黙の前提を破るものだった。またオランダ政府が王位継承権者の配偶者としてカルロス・ウゴを承認することは、スペインのカルリスタ党に支持を与えたと捉えられる危険性があった。このためオランダ政府はイレーネ王女の結婚に法的認可を与えず、イレーネ王女は王位継承権を剥奪された。

2人の結婚式は1964年4月29日、ローマサンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂内ボルゲーゼ礼拝堂において執り行われた。婚礼の主宰者は前オランダ駐在教皇特使のパオロ・ジョッベ枢機卿(Paolo Giobbe)だった[4]。オランダ王室の成員は1人も出席せず、イレーネの両親は娘の結婚式をテレビで見た[5]。夫妻は挙式後に揃って教皇パウロ6世に謁見し、カナリア諸島での新婚旅行ののちにマドリードに居を構えた[6]。夫妻は間に4人の子女をもうけた後、1981年5月28日に離婚した[7]

カルロス・ウゴは1965年以降、フランコ総統に接近しようと努める一方で、左翼のチトー主義の信奉者となり、自主管理社会主義連邦主義のスペインへの導入を唱えて社会主義者に接近した。母マドレーヌと弟シクスト・エンリケはカルロス・ウゴの政治方針に反発し、伝統的な守旧派カルリスタ党の支持を受けて、カルロス・ウゴから離反した。スペイン政府は1968年末、フアン・カルロスの正式な王位継承者指名を目前に控えて、その対抗馬の1人であるカルロス・ウゴを一時的にスペインから追放している[8]

1975年4月、父から正式にカルリスタ王位請求者の地位を譲られた。カルリスタ党は伝統主義者の党派として続いてきたが、フランコ時代を経ていくつもの派閥に分裂しており、その活動はもはや国民の大きな関心を引き付けることは出来なくなっていた。1976年5月には、カルロス・ウゴを支持する2人のカルリスタ党員が、党の年次大会の最中にイタリア人ネオファシストのステファーノ・デッレ・キアーイエStefano Delle Chiaie)らによって射殺される事件が起きた。この事件の背後にはスペイン政府情報部やグアルディア・シビル内のフランコ信奉者グループがいた[9][10]。この政治的テロ行為はモンテフラ事件と呼ばれている[11]

1977年の総選挙では、カルリスタ党はフィデル・カラソ・エルナンデス(Fidel Carazo Hernández)をレオン県選出の上院議員に選出させるのに貢献したが、カラソは無所属議員として活動し、カルリスタ党を顧みなかった。同党は1979年の総選挙では国民連合(UN)スペイン語版に合流したが、この政党から国会議員に当選したのはフランコ支持者のブラス・ピニャールBlas Piñar)のみだった。カルリスタ党は完全に議会勢力から外れ、2つの市議会議員席を得るに留まった。こうした状況の中で、カルロス・ウゴは1979年にカルリスタ党の政治活動を断念し、スペイン王フアン・カルロス1世の特旨によってスペイン国籍を与えられた。そして翌1980年、自身が政党として組織したカルリスタ党からの脱退を宣言した。彼の支持者たちは後に、統一左翼連合の結成に参加した。

2002年、スペイン国立歴史公文書館にパルマ公爵家所有の歴史文書を寄贈したが、弟のシクスト・エンリケはこれに反対する声明を出した。カルロス・ウゴは2003年9月23日に南仏のアルボンヌピレネー=アトランティック県バイヨンヌ郡)において、カルリスタの王位への復帰を宣言する[12]。その際、自らはモンテモリン伯爵を名乗り、自身の4人の子供たちにも叙爵を行った。

2010年、前立腺癌のために80歳で死去した[1]。遺骸はバルセロナから元妻と子供たちの暮らすオランダのデン・ハーグに送られ、ノールダインデ宮殿敷地内の聖堂で遺族やオランダ王室の親類たちと対面した。その後、遺骸はイタリアパルマに移され、歴代のパルマ公爵が眠るサンタ・マリア・デッラ・ステッカータ教会の霊廟に安置された[13][14]

子女[編集]

オランダ王女イレーネとの間に2男2女が生まれた。

参考文献[編集]

  • Robert E. Wilson, "The Claim of Carlos-Hugo de Bourbon-Parma to the Spanish Throne", Background 8 (November 1964): 187-193.

脚注[編集]

  1. ^ a b Announcement of the House of Bourbon-Parma: dead of the Duke of Parma and Piacenza Website borboneparma.it
  2. ^ イタリア語ではカルロ・ウーゴ・ディ・ボルボーネ=パルマCarlo Ugo di Borbone-Parma)と呼ばれる。
  3. ^ 若松隆『スペイン現代史』 岩波新書、1992年、P.96。
  4. ^ "Carlist Colours Flaunted at Princess's Marriage", The Times (30 April 1964): 14.
  5. ^ "Queen Juliana Sees It on Television", The Times (30 April 1964): 14.
  6. ^ Josep Carles Clement, Carlos Hugo de Brobon Parma: Historia de una disidencia (Barcelona: Planeta, 2001), 121.
  7. ^ Het Koninklijk Huis | Prinses Irene (official website of the Royal House of Orange)
  8. ^ 若松、P.80。
  9. ^ "Montejurra-76: crimen de Estado sin castigo", El Mundo, 6 May 2001
  10. ^ CARCEDO, Diego: Sáenz de Santamaría: el general que cambio de bando, ISBN 84-8460-309-1
  11. ^ Crimes of Montejurra (translation)
  12. ^ Palabras de S.A.R. el Príncipe Don Carlos Hugo de Borbón Parma en al acto de imposición de cruces de la Orden de la Legitimad Proscrita, celebrado el domingo día 28 de septiembre de 2003 en Arbonne (Francia)
  13. ^ Prince Carlos-Hugo 2010 – arrangements – The Benelux Royals Message Board
  14. ^ Lichaam prins Carlos vrijdag naar Nederland – Website telegraaf.nl (Dutch)

外部リンク[編集]

先代:
サヴェリオ
パルマ公家家長
1977年 - 2010年
次代:
カルロス
先代:
"ハビエル1世″
カルリスタの王
1975年 - 2010年
次代:
"カルロス・ハビエル2世″