エリサベト・ア・ダンマーク (1573-1626)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エリサベト王女

エリサベト・ア・ダンマークElisabeth af Danmark, 1573年8月25日 コリングフス城英語版 - 1626年6月19日 ブラウンシュヴァイク)は、ドイツブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテルハインリヒ・ユリウスの2番目の妻。

デンマークフレゼリク2世とその妻でメクレンブルク公ウルリヒの娘であるゾフィーの間の第1子、長女として生まれた。スコットランドジェームズ6世の花嫁に望まれたが、父王はエリサベトを手放すのを拒み、代わりに妹のアンナを与えた。

1590年4月19日にクロンボー城において、ヴォルフェンビュッテル侯ハインリヒ・ユリウスと結婚した。ハインリヒ・ユリウスは、婚礼のためにコペンハーゲンに到着した際、宝石商に身をやつしてエリサベトに対面した。そしてエリサベトに宝石を贈り、その代価として彼女の純潔を要求した。そのため彼は捕縛され、身元を明かしてこれが悪ふざけであることを証明せねばならなかった。

1613年に夫と死別すると隠居したが、長男で後継者のフリードリヒ・ウルリヒが寵臣アントン・フォン・シュトライトホルスト(Anton von Streithorst)に国政を任せるなど、優柔不断さから失政を重ねたため、見かねたエリサベトは弟のデンマーク王クリスチャン4世の協力を得て息子とその寵臣一派を排除し、1622年までヴォルフェンビュッテル侯領を統治した。

1617年にはエリーザベト救貧院(Elisabeth Stift)を領内に開いている。三十年戦争が始まると領内は荒廃し、エリサベトの住む城も略奪された。

子女[編集]

参考文献[編集]

  • Bille, C. St. A.; Friedericia, J.A. (1895). "Elisabeth, 1573-1626, Hertuginde af Brunsvig-Wolfenbüttel" (デンマーク語) in C. F. Bricka (ed.) Dansk Biografisk Lexikon, tillige omfattende Norge for Tidsrummet 1537-1814. IX. bind, Jyde — Køtschau. Copenhagen: Gyldendalske Boghandels Forlag, pp. 497. Retrieved on 2013-12-01.

関連項目[編集]