ゾフィー・フォン・メクレンブルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゾフィー・フォン・メクレンブルク

ゾフィー・フォン・メクレンブルク:Sophie von Mecklenburg, 1557年9月4日 - 1631年10月14日)は、デンマーク=ノルウェーの王フレゼリク2世の王妃。

メクレンブルク公ウルリヒ3世と妃エリーザベト(デンマーク王フレゼリク1世の娘)の娘として、ヴィスマール(現在のドイツメクレンブルク=フォアポンメルン州の都市)で生まれた。

1572年7月20日コペンハーゲンで従兄であるフレゼリクと結婚。7子をもうけた。

1588年にフレデリクが死ぬと、まだ10代の息子クリスチャンの摂政となった。1593年に摂政を退き、クリスチャンの親政が開始された。

1631年、ゾフィーは隠居先のニーショピング(現在のスウェーデンセーデルマンランド地方)で死んだ。