エルンスト・カシミール (ナッサウ=ディーツ伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エルンスト・カシミール

エルンスト・カシミールまたはエルンスト・カジミール:Ernst Casimir van Nassau-Dietz:Ernst Casimir von Nassau-Diez, 1573年12月22日ディレンブルク - 1632年6月2日ルールモント)は、ナッサウ=ディーツ伯(在位:1607年 - 1632年)、フリースラント州フローニンゲン州ドレンテ州の総督。

ナッサウ=ディレンブルク伯ヤン6世(ヨハン6世)とその最初の妻でロイヒテンベルク方伯ゲオルク3世の娘であるエリーザベト(Elisabeth van Leuchtenberg)の間の5男として生まれた。1607年3月30日、父の領地を兄弟と分割相続し、ナッサウ=ディーツ伯を名乗った。1620年、長兄のディレンブルク伯ウィレム・ローデウェイクが亡くなると、フリースラント州総督職を引き継いだ。その5年後の1625年にはフローニンゲンとドレンテの州総督をも兼ね、1632年に亡くなるまで務めた。

エルンスト・カシミールは八十年戦争の司令官の1人として、1627年フロンロ包囲戦1629年スヘルトーヘンボス包囲戦に参加した。また、州総督として1628年にニューエスハンス(現在のバート・ニューエスハンス)の要塞を建設した。1632年、ルールモントでの戦闘中、塹壕を視察していた際に流れ弾に当たって亡くなった。

子女[編集]

1607年、ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテルハインリヒ・ユリウスの娘ゾフィー・ヘートヴィヒと結婚した。間に生まれた子供のうち、成人したのは息子2人だけだった。

公職
先代:
ウィレム・ローデウェイク
フリースラント州総督
1620年 - 1632年
次代:
ヘンドリック・カシミール1世
先代:
マウリッツ
フローニンゲン州ドレンテ州総督
1625年 - 1632年
次代:
ヘンドリック・カシミール1世
爵位
先代:
新しく創設
ナッサウ=ディーツ伯
1607年 - 1632年
次代:
ヘンドリック・カシミール1世