エミリー・ウォーレン・ローブリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エミリー・ウォーレン・ローブリング (Emily Warren Roebling、1843年9月23日 - 1903年2月28日)はアメリカの土木技術者

生い立ち[編集]

ニューヨーク州コールドスプリングでシルバヌス・ウォーレンとPhebe・ウォーレンの娘として生まれた。12人兄弟の下から2番目であった。[1]ガバヌーア・ウォーレンから教育支援を受け、2人の関係はとても良好であった。[2]

結婚[編集]

南北戦争中の1864年、本部で第五軍団を指揮する兄を訪問した。訪問中、ブルックリン橋の設計者ジョン・ローブリングの息子で土木技師のワシントン・ローブリングと出会った。[3]2人はすぐに恋に落ち、1865年1月18日に結婚した。 [4]

義父ジョンがブルックリン橋の建設に取り掛かり、ワシントンとエミリー夫妻はヨーロッパにケーソンの使用についての研究に行った。[3]1867年11月、一人息子ジョン・A・ローブリングIIを出産した。[4]

ブルックリン橋[編集]

ヨーロッパから帰国すると、義父ジョンが死亡し、夫ワシントンがブルックリン橋建設の担当となった。[5]彼は建設に没頭するにつれ、減圧症の症状が出始め、[6][7]ついに寝たきりとなった。そこでエミリーが初の女性フィールドエンジニアとして、橋の建設に携わるようになった。[4]

夫を見舞い、夫と作業員の間の情報を中継し、建設作業の進捗状況を報告した。その間、夫から材料強度学応力解析ワイヤーロープカテナリー曲線計算など幅広い知識を教わった。[8]不屈の闘志で、日々の監督とプロジェクト管理を含め、チーフエンジニアの職務の多くを引き継いだ。

1882年、病気により、夫が主任技師として留まることが困難になると、技術者や政治家の集会に参加した。政治家はエミリーの演説に感銘を受け、夫ワシントンは主任技師として留まった。

1883年にブルックリン橋は完成した。 正式開通前に、完成の印として雄鶏を運び、橋を渡った最初の人物となった。[9]開通式で、エイブラム・スティーブンス・ヒューイット市長は

...an everlasting monument to the sacrificing devotion of a woman and of her capacity for that higher education from which she has been too long disbarred.[10]

と演説し、エミリーを褒め称えた。

現在、ブルックリン橋にはエミリー、その夫、義父に捧げられた記念碑がある。 [11][12]

完成後[編集]

ブルックリン橋完成後、一家はトレントンに引っ越した。米西戦争中、現地で扶助協会に参加し、シカゴ万国博覧会ではニュージャージー州女性マネジャー役を務めた。[13]また、様々な所に旅した。1896年にヴィクトリア女王から贈り物を受け、ロシアでニコライ2世の戴冠式に出席した。[10]また、勉学も続け、ニューヨーク大学から法律の学位を受けた。[14]1903年2月28日に亡くなるまで、家族と過ごし、社会的にも精神的にも活動的であった。[14]

参考文献[編集]

  1. ^ Roebling, Emily Warren: "Notes on the Warren Family" in the Appendix, Page 446, "The Journal of the Reverend Silas Comfort", Lippincott, Philadelphia, 1903
  2. ^ Weingardt, Richard: "Engineering Legends: Great American Civil Engineers", page 56. ASCE Publications, 2005.
  3. ^ a b Petrash, Antonia: "More than Petticoats: Remarkable New York Women", page 80. Globe Pequot, 2001.
  4. ^ a b c Logan, Mary: "The Part Taken by Women in American History", page 297. The Perry-Nalle Publishing Co., 1912.
  5. ^ Petrash, Antonia: "More than Petticoats: Remarkable New York Women", page 82. Globe Pequot, 2001.
  6. ^ Petrash, Antonia: "More than Petticoats: Remarkable New York Women", page 83. Globe Pequot, 2001.
  7. ^ Butler WP (2004). “Caisson disease during the construction of the Eads and Brooklyn Bridges: A review”. Undersea and Hyperbaric Medicine 31 (4): 445–59. PMID 15686275. http://archive.rubicon-foundation.org/4028 2009年3月11日閲覧。. 
  8. ^ Weingardt, Richard: "Engineering Legends: Great American Civil Engineers", page 58. ASCE Publications, 2005.
  9. ^ David McCullough英語版. Brave Companions: Portraits in History英語版. Simon & Schuster, 1992. p. 116. ISBN 0-671-79276-8. 
  10. ^ a b ASCE History and Heritage of Civil Engineering: Emily Roebling”. asce.org. 2014年4月6日閲覧。
  11. ^ Historical Marker Database Photo of Emily Warren Roebling plaque
  12. ^ Petrash, Antonia: "More than Petticoats: Remarkable New York Women", page 89. Globe Pequot, 2001.
  13. ^ Logan, Mary: "The Part Taken by Women in American History", page 298. The Perry-Nalle Publishing Co., 1912.
  14. ^ a b Petrash, Antonia: "More than Petticoats: Remarkable New York Women", page 88. Globe Pequot, 2001.

関連文献[編集]

  • Weigold,, Marilyn. (1984). Silent Builder: Emily Warren Roebling and the Brooklyn Bridge. Associated Faculty Press. ISBN 0-8046-9349-8. 
  • Roebling, Emily Warren "Notes on the Warren Family" in Appendix, Page 466, "The Journal of the Reverend Silas Constant" Lippincott, Philadelphia, PA 1903

外部リンク[編集]