エマヌエル・シカネーダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エマヌエル・シカネーダー

エマーヌエル・シーカーネーダー(Emanuel Schikaneder, 1751年9月1日 - 1812年9月21日)は、オーストリアドイツで活躍した俳優にして劇場支配人、台本作家である。ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトオペラ魔笛』の台本を手がけ、自らもパパゲーノ役で出演したこと、及び、アン・デア・ウィーン劇場を設立した人物としても知られている。

シカネーダー一座の座長として自ら台本を書き、俳優、歌手、演出家を兼任し、旅回りの一座を経てウィーンの劇場支配人となり、大衆向けの興行師として多くの作品を上演した。

関わった作品[編集]

参考文献[編集]

『魔笛』初演時、パパゲーノを演じたシカーネーダー