エフゲーニー・バウエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Yevgeni Bauer
エフゲーニー・バウエル
エフゲーニー・バウエル
本名 イェフゲーニー・フランツィェヴィチ・バウエル
Евгений Францевич Бауэр
別名 エフゲーニー・アンチャロフ
Евгений Анчаров
生年月日 1865年
没年月日 1917年6月22日
出生地 ロシア帝国の旗 ロシア帝国(現ロシアの旗 ロシア
モスクワ
死没地 ロシア帝国の旗 ロシア帝国(現ウクライナの旗 ウクライナ
クリミア半島ヤルタ
国籍 ロシア帝国の旗 ロシア帝国
民族 ドイツ系チェコ人
職業 映画監督脚本家舞台美術家
ジャンル 演劇サイレント映画
活動期間 1913年 - 1917年
活動内容 1913年 美術装置家
1913年 監督デビュー
配偶者 リーナ・アンチャローヴァ
家族 フランツ・バウエル
Nemye svideteli (1914)
После смерти (1915)

エフゲーニー・フランツェヴィチ・バウエルロシア語: Евгений Францевич Бауэр, 1865年 - 1917年6月22日)は、ロシア帝国(現在のロシア)の映画監督脚本家舞台美術家である。レフ・クレショフの師として知られるロシア映画黎明期の巨匠である。エフゲーニー・アンチャロフЕвгений Анчаров)の別名がある。

人物・来歴[編集]

1865年、ロシア帝国(現在のロシア)のモスクワに生まれる。父はチェコ系の音楽家フランツ・バウエル、母はオペラ歌手、姉は女優であった。

1887年、モスクワ美術大学を卒業、新聞に風刺画を描く仕事を得た。写真美術家として名を成した後に、演劇界に入り、演劇プロデューサー、舞台美術家となった。1890年代に女優・舞踊家のリーナ・アンチャローヴァと結婚、第一次世界大戦中は「アンチャローヴァ」の男性姓を用いて「エフゲーニー・アンチャロフ」と名乗った。戦時に「バウエル」は「あまりにゲルマン的」な名であったからだ。

1913年、48歳になるころ、アレクサンドル・ドランコフの映画会社が製作した44分のサイレント映画『ロマノフ家の三百年』に美術装置家として参加することで、映画界に入った。同年、ピョートル・チャルディニンとの共同監督作『伯父のアパート』 で、初めて映画を監督した。

1917年、アレクサンドル・ハンジョンコフとともに、ロシア帝国(現在のウクライナ)内のクリミア半島ヤルタの新しい撮影所に移り、若い俳優のレフ・クレショフとともに『幸福を求めて』の撮影を開始した。バウエルは撮影現場で脚を骨折し、次作の『パリの王者』は座ったまま演出せざるを得なくなった。

バウエルは肺炎を患い、その合併症で、二月革命後、ロシア臨時政府成立前の1917年6月22日、同地のヤルタ病院で死去した。満51-52歳没。遺作となった『パリの王者』は、女優のオルガ・ラフマノヴァが完成させた。

おもなフィルモグラフィ[編集]

関連事項[編集]

[編集]

外部リンク[編集]