アレクサンドル・ハンジョンコフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Aleksandr Khanzhonkov
アレクサンドル・ハンジョンコフ
本名 アリェクサンドル・アレクセイエヴィチ・ハンジョンコフ
Александр Алексеевич Ханжонков
別名義 A・チャンションコフ
(A. Chanshonkov)
生年月日 1877年8月8日
没年月日 1945年9月26日(満68歳没)
出生地 ロシア帝国の旗 ロシア帝国(現ウクライナの旗 ウクライナ
ドネツィク州ハンジョンコヴォ
死没地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦(現ウクライナの旗 ウクライナ
クリミア半島ヤルタ
国籍 ロシア帝国の旗 ロシア帝国ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
職業 映画プロデューサー実業家映画監督脚本家
ジャンル サイレント映画
活動期間 1908年 - 1918年
活動内容 1908年 映画を製作
1911年 映画を初監督
1918年 映画廃業
主な作品
セヴァストポリの防衛

アレクサンドル・アレクセイエヴィチ・ハンジョンコフロシア語: Александр Алексеевич Ханжонков, 1877年8月8日 - 1945年9月26日)は、ロシア帝国(現在のロシア)の映画プロデューサー実業家映画監督脚本家である。ロシア映画界の最初の起業家であり、ロシア初の長篇劇映画を製作したことで知られる。

人物・来歴[編集]

1877年(明治10年)8月8日、ロシア帝国の片田舎、ドン川のほとり(現在のウクライナドネツィク州)にある小村ハンジョンコヴォで生まれる。

1906年(明治39年)、モスクワハンジョンコフ商会を設立、1908年(明治41年)、自社で映画を製作し始める。1911年(明治44年)には、ロシア初の撮影所を有限会社として設立した。銀行家でありロシア帝国国家評議会議員であったイワン・オゼロフが主に出資した。同年、ロシア初の長篇劇映画『セヴァストポリの防衛』を、ワーシリー・ゴンチャロフと共同で自ら監督して、発表した。ラディスラス・スタレヴィッチ監督によるパペットのアニメーション映画も製作している。

1945年(昭和20年)9月26日、ソビエト連邦(現在のウクライナ)のクリミア半島ヤルタで死去した。満68歳没。

おもなフィルモグラフィ[編集]

すべてプロデュース作

関連事項[編集]

著書・関連書籍[編集]

  • Ханжонков, А.А., Ранние годы русской анимации, Москва/Ленинград: Искусство, 1937
  • Кузнецова, М., Александр Ханжонков. Жизнь за кадром, Москва: Профил, No.29., 1997
  • Янгиров, Рашит, К биографии А.А. Ханжонкова: Новый ракурс, Москва: Киноведческие записки, No.55., 2001

[編集]

外部リンク[編集]