エドワード・ハム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エドワード・ハム
獲得メダル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
男子 陸上競技
オリンピック
1928 アムステルダム 走幅跳

エドワード・ハム (Edward ("Ed" または "Eddie") Barton Hamm、1906年4月13日- 1982年6月25日)は、アメリカ合衆国アーカンソー州出身の男子陸上競技選手。走幅跳の元世界記録保持者(7.90m、1928年)。1928年アムステルダムオリンピックの金メダリストである。

経歴[編集]

高校時代[編集]

ハムは、1906年にアーカンソー州ロノーク郡で、6人兄弟の長男として誕生した。子供のころからスポーツに秀で、特に陸上競技にその才能を発揮していた。高校時代(1923年から1925年)は、州大会の走幅跳で3連覇。2年生の時には7.06mの州記録を樹立している。さらに、220ヤード走も3連覇。また、100ヤード走も2度制している。ハムは、1年のときにマラリアに感染していながらこれだけの成績を残している。もし、感染していなかったらもっとよい記録を残していたのは間違いなかったであろう。

1925年には、アーカンソー大学で行われた、高校選抜陸上大会に出場。この大会にロノーク郡からハムを含め2人しか参加しなかったが、ハムは4種目に優勝、440ヤードで3位という成績を残し、リレーに出場できなかったにもかかわらず、リトルロック高校をおさえ総合優勝を果たした。

大学時代[編集]

1924年には、ハムは7.38mの世界高校記録を樹立。これにより、ボストンで行われる1924年パリオリンピックのアメリカ代表選考会への出場権を得た。ハムは大会に出場するため、リトルロックのコーチから100ドルを借り、ボストンに出発。しかし、米国代表になることはできなかった。ハムは、翌年から、コーチの元に返済し終わるまで2ドルから5ドルずつ持参し続けた。

ハムは、ジョージア工科大学入学後も才能を発揮する。サウスイースタン・カンファレンス(SEC)で、100ヤード、220ヤード、走幅跳の3種目とも3連覇を達成。1928年には走幅跳でSEC記録となる7.79mを達成したあと、アムステルダムオリンピックの代表選考会で、ついに7.90mの世界新記録を達成した。

アムステルダムオリンピックに出場したハムは、7.73mのオリンピック新記録で、2位のハイチシルヴィオ・カトールに15cmの差をつけ金メダルを獲得した。オリンピック後、陸上チームでイギリスドイツを転戦。ハムはすべての競技会で勝利した。

その後[編集]

ハムは1928年、大学を卒業後数年間は学校の陸上のコーチを務めたが、その後、アメリカ西海岸とアラスカコカ・コーラの販売する会社の役員となる。1982年にオレゴン州にて死去。彼の遺灰は、彼が何度も釣りに訪れたオレゴンの湖に撒かれた。

先代:
アメリカ合衆国の旗 ウィリアム・デハート・ハバード
男子走幅跳世界記録保持者
1928/7/7-1928/9/9
次代:
ハイチの旗 シルヴィオ・カトール