エズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Èze
Image-eze vue du jardin botanique.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) プロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏
(département) アルプ=マリティーム県
(arrondissement) ニース郡
小郡 (canton) Canton de Villefranche-sur-Mer
INSEEコード 06059
郵便番号 06360
市長任期 ステファーヌ・シェルキ
2008年 - 2014年
人口動態
人口 市: 2 932人
2006年
人口密度 309人/km²
地理
座標 北緯43度43分43秒 東経7度21分42秒 / 北緯43.728612度 東経7.361667度 / 43.728612; 7.361667座標: 北緯43度43分43秒 東経7度21分42秒 / 北緯43.728612度 東経7.361667度 / 43.728612; 7.361667
標高 平均:m
最低:0 m
最高:700m
面積 市: 9,47km² (947ha)
Èzeの位置
Èze
テンプレートを表示

エズ(Èze)はフランス南東部コート・ダジュールの街。ニースモナコの中間に位置し、多くの観光客が訪れる。自転車ロードレースのパリ~ニースでは大会の終盤でほぼ毎年この街を通過する。

歴史[編集]

エズ周辺には紀元前2000年頃に居住が開始された。Èzeの名前はサン=ローラン・デズ("St. Laurent d'Èze")と呼ばれる港として、Antoninの海事本に見受けられる。この地域はローマ人だけでなく、973年にプロヴァンス伯ギヨームによって追い払われるまで約80年間ムーア人による支配を受けた。

1338年まで街はサヴォイア家の管轄下にあった。近隣のニースに備えるために、サヴォイア家は街を要塞化した。

エズはフランス地中海の上方の標高427mに位置する高い崖を見下ろす場所にあるため、「鷲の巣 (eagle's nest)」と言われる。高い標高のため、村と明るい黄褐色の教会は遠方から確認することができる。教会内では、エジプトの十字架が、村のルーツがポエニ人の時代に遡ることを思い起こさせる。彼らはイシス神を称えて寺院を建設した。

伝統的に、モナコ公国の領土はエズ村から地中海岸に沿って、現在のイタリアとの国境であるマントンまでと考えられていた。

人口[編集]

人口推移
人口 変動率
1982 2,063
1990 2,446 18.6%
1999 2,509 2.6%
2008 2,961 18.0%


交通[編集]

  • ニース、モナコより自動車でそれぞれ15分
  • ニースよりバスで30分