エステルハージ・ペーテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Flag of Hungary.svg この項目では、ハンガリー語圏の慣習に従い、名前を姓名順で表記していますが、印欧語族風にペーテル・エステルハージと表記することもあります。
エステルハージ・ペーテル

エステルハージ・ペーテル(Esterházy Péter,1950年4月14日 - )はハンガリー小説家。ハンガリー最大の貴族エステルハージ家の末裔にあたる。1976年にデビューし、その斬新な作風や言語感覚によってハンガリー文学の新世代を代表する作家となった。独特な言葉の扱い方や、引用パロディを頻繁に用いるその手法などから、しばしば「ポストモダン的」と評される。代表作には『ファンチコーとピンタ』や『純文学入門』、『フラバルの本』などがある。

著作[編集]

  • Fancsikó és Pinta (1976) (『ファンチコーとピンタ』)
  • Pápai vizeken ne kalózkodj (1977) (『ポープの海で海賊はするな』)
  • Termelési-regény. Kisssregény (1979) (『創作の小説』)
  • Függő (1981) (『従属文』)
  • Ki szavatol a lady biztonságáért? (1982) (『誰がレディの無事を保証するのか?』)
  • Fuharosok (1983) (『荷馬車の御者』)
  • Daisy (1984) (『デイジ-』)
  • Kis Magyar Pornográfia (1984) (『ハンガリー・リトルポルノグラフィ』)
  • A szív segédigéi (1985) (『心の助動詞』)
  • Bevezetés a szépirodalomba (1986) (『純文学入門』)
  • Tizenhét hattyúk (1987) (『17羽の白鳥』)
  • A kitömött hattyú (1988) (『剥製の白鳥』)
  • Biztos kaland (1989) (『安全な冒険』)
  • Hrabal könyve (1990) (『フラバルの本』)
  • Az elefántcsonttoronyból (1991) (『象牙の塔から』)
  • A halacska csodálatos élete (1991) (『小さな魚の不思議な一生』)
  • Hahn-Hahn grófnő pillantása (1992) (『ハーン=ハーン伯爵夫人のまなざし』)
  • Élet és irodalom (1993) 
  • Amit a csokornyakkendő-ről tudni kell... (1993)
  • A vajszínű árnyalat (1993)
  • Egy kékharisnya följegyzéseiből (1994)
  • Búcsúszimfónia – A gabonakereskedő (1994)
  • Egy nő (1995)
  • Egy kék haris (1996)
  • Irene Dische, Hans Magnus Enzensberger, Michael Sowa (1996)
  • Harmonia caelestis (2000)
  • Javított kiadás (2002)
  • A szabadság nehéz mámora (2003)

関連項目[編集]