エクトル・ラボー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エクトル・ラボー(Héctor Lavoe、1946年9月30日 - 1993年6月29日)は、プエルトリコ人のサルサ歌手としてニューヨークを中心に活躍した。 人々は彼のことを、「La Voz(声)」、そして「El Cantante 歌手」と呼んだ。

バイオグラフィ[編集]

1946年9月30日にプエルトリコのポンセという町にエクトル・フアン・ペレス・マルティネス(Héctor Juan Pérez Martínez)として生まれ、プエルトリコ音楽学校に通った。17歳のときに、ニューヨーク市に移りKako All-Starsなどのバンドで活動した。このころ他のラテン系の歌手と区別するために、彼はフェリペ・ロドリゲスのあだ名"La Voz"(声)を採用し、芸名をラボー(Lavoe)に変えた。

1967年には、トロンボーン演奏者のウィリー・コロンとバンドを組んだ。その後は、数々のヒット曲を生み、サルサがラテン界の台風の目となった1970年代前半には「歌手の中の歌手」として押しも押されもせぬ存在となった。そして、ファニア・オールスターズのヴォーカリストの一員となった。

しかし、活躍とともに精神的な負担が増え、彼は麻薬に依存していく。健康は悪化し、コンサート活動にも支障をきたすようになると、バンドの専属ヴォーカリストとして契約をうち切られてしまう。

その後は、リハビリに励みつつウィリー・コロンのプロデュースで音楽活動を続ける。その後、父親、息子、および義母の死に続き、自身も麻薬の回し打ちが原因となりHIVと診断される。チケットの売れ行き低調を理由にプロモーターからコンサートをキャンセルされた翌日の1988年6月26日にホテルのバルコニーから飛び降り自殺を図ったが、一命を取り留めた。その後エイズを発症し、ほとんど活動ができなくなった。

その後は体調が衰え行く中でアルバムを一枚作成したが、1993年6月29日にエイズの合併症により亡くなった。46歳没。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • La Voz (1975)
  • De Ti Depende (1976)
  • Comedia (1978)
  • Feliz Navidad (1979) (with Daniel Santos & Yomo Toro)
  • Recordando a Felipe Pirela (1979)
  • El Sabio (1980)
  • Que Sentimiento (1981)
  • Revento (1985)
  • Strikes Back (1987)
  • The Master & The Protege with Van Lester (1993)
  • Live! (1997)
  • Tu Bien Lo Sabes* (With Lavoe's never before released *song "Tu Bien Lo Sabes") (2001)
  • Mi Regreso Hector Lavoe Live at Club Borinquen (2005)

映画[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]