ファニア・レコード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ファニア・レコードFania Records)は、1964年にニューヨークで設立されたラテン音楽専門のレコード会社であり、サルサを代表するレコードレーベル。設立者はイタリアアメリカ弁護士ジェリー・マスッチJerry Masucci)とドミニカ共和国出身のバンド・リーダーのジョニー・パチェーコJohnny Pacheco)。1970年代のサルサ界では圧倒的な存在感を誇り、数々のスター・アーティストを抱え多くのヒット作を製作した。また、所属アーティストを集めて結成したファニア・オールスターズで、中南米ヨーロッパアフリカ日本など世界各地で公演活動を行い、サルサを世界中に広める役割も果たした。ジャズに於けるブルーノート・レコードや、リズム・アンド・ブルースに於けるモータウン・レコードのように、サルサというジャンルを象徴する存在でもあった。

歴史[編集]

  • 1964年 ニューヨークにて設立。
  • 1967年 レイ・バレットを獲得。
  • 1968年 ファニア・オールスターズを旗揚げ。レッド・ガーターにて公演。
  • 1971年 ファニア・オールスターズがニューヨークのクラブ「チーター」にて公演。(翌年、このコンサートを主な題材にした映画「アワー・ラテン・シング」が公開される。)
  • 1973年 ファニア・オールスターズがヤンキー・スタジアムにて公演。4万人の観衆を集める(翌年、このコンサートを主な題材にした映画「サルサ」が公開される。)。また、同年、バジャ・レーベル(Vaya)を立ち上げ、セリア・クルース(Celia Cruz)を獲得。
  • 1974年 ファニア・オールスターズがザイールキンシャサで開催されたブラック・ミュージック・フェスティヴァルに出演。
  • 1975年 ティコ(Tico)、アレグレ(Alegre)などのラテン音楽のレーベルを買収。
  • 1976年 ファニア・オールスターズがヨーロッパ公演および日本公演を行う。
  • 1977年 ファニア・オールスターズがマディソン・スクエア・ガーデンにて公演。
  • 1978年 ウィリー・コローンルベーン・ブラデスによる「Siembra」を発表。ファニア・レーベル史上最高の売り上げを記録した。
  • 1980年 ジェリー・マスッチがアルゼンチンへ移住。
  • 1984年 ルベーン・ブラデスがエレクトラへ移籍。ウィリー・コローンがRCAに移籍。
  • 1994年 会社設立30周年記念ファニア・オールスターズ公演をプエルトリコサン・ファンにて開催。
  • 2005年 マイアミのレコード会社であるイームジカ(Emusica)に買収される。

主なアーティスト[編集]

外部リンク[編集]