エウア島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エウア島
ʻEua
ʻEuaFromTheISS(Cropped).jpg
エウア島
座標 南緯21度21分47.5秒 西経174度55分46.9秒 / 南緯21.363194度 西経174.929694度 / -21.363194; -174.929694座標: 南緯21度21分47.5秒 西経174度55分46.9秒 / 南緯21.363194度 西経174.929694度 / -21.363194; -174.929694
面積 87.44 km²
最高標高 312 m
最高峰 テエモア山
最大都市 オホヌア
所在海域 太平洋
所属諸島 トンガタプ諸島
所属国・地域 トンガの旗 トンガ
テンプレートを表示

エウア島(ʻEua)は、トンガ面積87.44 km2人口5165人(2006年)。トンガの主島であるトンガタプ島から南東に40kmの地点にある[1]。。かつてはトンガタプ島とおなじトンガタプ地方に属していたが、エウア地方が分割され独自の地方となった。島の中心地は、港湾を持つオホヌア('Ohonua)[1]

地理[編集]

エウア島の地図
エウア国立公園

エウアは丘陵性の島であり、島内には低い丘陵が連なる。最高峰はテエモア山(312m)で、305mのバイアンギナ山が次ぐ。エウアは火山性の島ではないが、太平洋プレートの端に位置しており、わずか7km東には深いトンガ海溝がある。一方でエウアの土壌は火山性のものであり、これは一万年以上前の近隣の火山活動によって堆積したものである。エウア島内には巨大な穴や洞窟が多いが、その多くはいまだ探査されていない。エウア島にはトンガ国内唯一の川があり、同じく唯一の橋もある。この川は、この島唯一の港であり中心地でもあるオホヌア村近くに注ぐ。オホヌア村からツフバイにかけての海岸は海面近くにまでサンゴ礁が広がっており、小さな潮溜まりが多くある。

エウア島とアタ島はトンガ諸島ではじめてタンガロア神によって作られた島であるという伝承がある。

エウア島にある村のうち、旧来からのエウア島住民による村は北のホウマ、タアンガ、オホヌア、パンガイ、ツフバルである。ハアツアとコロマリエはアタ島からの移住者によって1863年に開かれ、アンガハ村はニウアフォオウ島からの移住者によって1946年に開かれた。

島内には、滑走路サンゴでできているエウア空港がある[2]

歴史[編集]

エウア島がヨーロッパ人によってはじめて発見されたのは1643年1月21日で、アベル・タスマンによってトンガタプ島と同時に発見された。タスマンはこの島を彼の故国オランダゼーラント州にある都市の名前をとり、ミデルブルグ島と名づけた。彼はエウア島には上陸せず、隣のトンガタプ島ヒヒフォに上陸してトンガタプ島をアムステルダム島と名づけた。ジェームズ・クック1773年に来島している[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 安藤正治 (2010年3月15日). “トンガ通信 Vol.33”. 2012年4月1日閲覧。
  2. ^ 'Eua airport” (英語). Tonga Airports Limited. 2012年4月1日閲覧。