ニウアス諸島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
最も北がニウアス諸島である

ニウアス諸島(Niuas)は、トンガの諸島。ニウアフォオウ島ニウアトプタプ島タファフィ島の3島からなる。総人口2018人(1996年)、面積72.69km²。トンガ最北の諸島で、トンガタプ島からは600km、ヴァヴァウ諸島からは300km離れている。諸島といってもニウアトプタプ島およびタファフィ島とニウアフォオウ島は東西に100km以上離れている。行政上の1地区をなしており、州都はニウアトプタプ島のヒヒフォに置かれている。空港はニウアフォオウ島及びニウアトプタプ島に存在するが定期便は就航していない。ニウアス諸島は、1616年にウィレム・スハウテンとヤコブ・ラ・メールによってヨーロッパ人にはじめて知られるようになった。