エイル (ソマリア)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Eyl
Eylの位置(ソマリア内)
Eyl
Eyl
Location in Somalia
座標: 北緯7度58分46秒 東経49度49分11秒 / 北緯7.97944度 東経49.81972度 / 7.97944; 49.81972
ソマリアの旗 ソマリア
所属独立地域 プントランド
ヌガール州 (Nugaal
人口
 - 計 19,000人
等時帯 東アフリカ時間 (UTC+3)

エイル(またはイール, : Eyl)は内戦状態にあるソマリア国内の独立地域、プントランド南部の海沿いにある町。主な住民はソマリ族ダロッドのマジーティーン氏族 (Majeerteenとリールケース氏族 (Leelkase

エイルはハフーン半島の基部にありハフーン岬 (Hafunにも近い。古代からインド洋交易の拠点であり、漁業が盛んな地域であるが、ソマリア国内で2004年のスマトラ島沖地震による死傷者が最も多かった地域でもある。近年、ソマリア海賊の2大拠点のひとつになっている。

ソマリア海賊[編集]

2008年以降、エイルはソマリア沖の海賊の拠点 (Pirate utopiaになっており、10隻以上の船がここに拘留されている[1]。内戦状態にあるこの地域では海賊は重要な収入源のひとつになっている[2]。プントランド政府も、自身が海賊取締りに対して無力であることを認めている[3]フランス軍司令部も、人質がエイルに連れ去られてからでは救出は極めて困難であるとして、海賊の捕虜となったフランス水兵2名をここに連れ去られる前に奪還したことがある[4]。2008年末までにエイルの海賊が得た身代金は約29億円と見られる[5]

2009年3月18日国際連合事務総長パン・ギムンは、ソマリア海賊の主な拠点はエイルとムドゥグの2箇所であることを明らかにした[5]

出典、注釈[編集]

  1. ^ Somalia's pirates seize 33 tanks”. 2008年11月19日閲覧。
  2. ^ 日本はソマリアの海賊にどう対応すれば良いのか、2008年12月26日付、2009年3月20日閲覧
  3. ^ France frees sailors from pirates” (2008年). 2008年11月28日閲覧。
  4. ^ Harper, Mary (2008). “Life in Somalia's pirate town”. BBC (September 18). http://news.bbc.co.uk/2/hi/africa/7623329.stm 2008年11月19日閲覧。. 
  5. ^ a b 読売新聞、ソマリア海賊に2大ネットワークが存在、2009年3月19日付、2009年3月20日閲覧

外部リンク[編集]