ウソツキは結婚のはじまり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウソツキは結婚のはじまり
Just Go with It
監督 デニス・デューガン
脚本 アラン・ローブ
ティモシー・ダウリング
原作 I・A・L・ダイアモンド
サボテンの花
エイブ・バロウズ
Cactus Flower
ピエール・バリエ
ジャン・ピエール・グレディ
Fleur de cactus
製作 ジャック・ジャラプト
アダム・サンドラー
ヘザー・パリー
製作総指揮 バリー・ベルナルディ
アレン・コヴァート
ティム・ハーリヒー
スティーヴ・コーレン
出演者 アダム・サンドラー
ジェニファー・アニストン
ニコール・キッドマン
ニック・スウォードソン
ブルックリン・デッカー
音楽 ルパート・グレグソン=ウィリアムズ
撮影 テオ・ヴァン・デ・サンデ
編集 トム・コステイン
配給 コロンビア映画
公開 アメリカ合衆国の旗 2011年2月11日
上映時間 110分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $80,000,000[1]
興行収入 $214,945,591[2]
テンプレートを表示

ウソツキは結婚のはじまり』(ウソツキはけっこんのはじまり、原題: Just Go with It)は、デニス・デューガン監督、 アダム・サンドラーおよびジェニファー・アニストン主演による2011年ロマンティック・コメディ映画である。1969年の映画サボテンの花[脚注 1]リメイクである。

日本ではビデオスルーとなり、2012年1月11日にDVDが発売された。

あらすじ[編集]

1988年、心臓医見習いのダニー・マカビーは自身の結婚式一時間前に、自分の彼女がダニーの妹と彼の大きな鼻を馬鹿にし、さらに二股をかけられていたことを知ってしまい、その場を去る。バーで結婚指輪を眺めながら酒を飲んでいると、グラマラスな体をした女性が彼の隣に座った。落ちたかばんを拾っても女性にナンパだと勘違いされる。しかし女性は彼の結婚指輪を見たとたん態度を変え、ダニーに妻のことについてたずねる。女性に結婚して何年かとたずねられた際に、負け犬だと思われたくないがために6年だとうそをつき、さらに自分にひどいことをする妻を持つかわいそうな夫を演じて見せた。すると女性は彼に同情し、ダニーは見事彼女と一晩過ごせることになった。その後、ダニーは専門を心臓医から美容外科医に変え、鼻を整形し、結婚指輪を使って次々と色々な女性と一晩だけの関係を築いていった。

2011年、ある晩、ダニーはパーティで怪我をした男の子の治療をする際に指輪をはずした後、小学校教師の若くて美人な女性、パーマーと出会う。彼らはお互いに運命を感じあい、ダニーはうそをつくことなく彼女と一夜を海岸で過ごした。次の日の朝、電話番号を教えてくれといわれたダニーはズボンのポケットを探るようにいうが、パーマーは偽の結婚指輪を見つけてしまう。パーマーは怒ってそのまま帰っていってしまう。パーマーの働く小学校にお詫びに行ったダニーはパーマーに自分が本気だということを伝える。指輪については、本当のことを言えず、妻とは二日後に離婚するとでっちあげたうそをつく。これで問題はないと思われたが、今度はパーマーがその妻に会いたいと言い出した。ダニーは自分の病院で受付兼助手でシングルマザーのキャサリンを自分の妻に仕立て上げる。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ダニー・マカビー アダム・サンドラー 松本保典
キャサリン・マーフィー ジェニファー・アニストン 安達忍
デヴリン・アダムス ニコール・キッドマン 渡辺美佐
エディ・シムズ ニック・スウォードソン ふくまつ進紗
パーマー・ドッジ ブルックリン・デッカー 小橋知子

公開[編集]

2011年2月11日に北米で公開された。初週末3日間では約3050万ドルを売り上げ、初登場1位となった[3]。累計興行収入は、北米で1億302万8109ドルそれ以外で1億1191億7482ドルとなっている[4]。特にロシアでは1317万4937ドルを売り上げている[5]

評価[編集]

批評家のレビューは否定的なものが大半を占め、Rotten Tomatoesでは127個のレビュー中20%のみの支持で「腐敗作品」となっており、平均点は10点満点で3.8点となった[6]。また、Metacriticでは、31個のレビューで100点満点中33点となっている[7]

第32回ゴールデンラズベリー賞では、5部門(最低監督賞最低主演男優賞最低助演男優賞最低助演女優賞最低スクリーンカップル賞)でノミネートされ、うち2部門(最低監督賞、最低主演男優賞)で受賞した。因みに同賞では、監督(デニス・デューガン)と主演(アダム・サンドラー)が同じ『ジャックとジル』が10部門で受賞(12部門ノミネート)しており、最低監督賞と最低主演男優賞はどちらも『ジャックとジル』との同時受賞である。

脚注[編集]

  1. ^ フランスの舞台劇『Fleur de cactus』(作:ピエール・バリエジャン・ピエール・グレディ)を原作としたエイブ・バロウズによるブロードウェイ舞台劇『Cactus Flower』を映画化した作品である。

参考文献[編集]

  1. ^ Word of Mouth: 'Just Go With It' plays the demographics”. LA Times (2011年2月10日). 2011年2月12日閲覧。
  2. ^ Just Go With It (2011)”. Box Office Mojo. 2011年11月10日閲覧。
  3. ^ Just Go with It Weekend Grosses”. boxofficemojo.com. IMDB. 2011年7月30日閲覧。
  4. ^ Just Go with It”. boxofficemojo.com. IMDB. 2011年7月30日閲覧。
  5. ^ Just Go with It Foreign Totals”. boxofficemojo.com. IMDB. 2011年7月30日閲覧。
  6. ^ Just Go with It Movie Reviews, Pictures”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2011年11月10日閲覧。
  7. ^ Just Go with It”. Metacritic. CBS Interactive. 2011年11月10日閲覧。

外部リンク[編集]