ウコン属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウコン属
Curcuma alismatifolia.jpg
クルクマ・シャローム
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 単子葉植物綱 Liliopsida
: ショウガ目 Zingiberales
: ショウガ科 Zingiberaceae
: ウコン属 Curcuma
学名
Curcuma L.1753
和名
ウコン属
英名
Curcuma

ウコン属 (Curcuma) は、ショウガ目ショウガ科の1クルクマ属クルクマとも。「Curcuma」はアラビア語ウコンを意味する كركم (Kurkum) からきて、語源は「黄色」。

熱帯アジアアフリカオーストラリアなどに分布する多年草。40~50種が含まれる。

根茎塊根香辛料健康食品生薬、食品着色料染料に使われるほか、は鑑賞用にされる。

歴史[編集]

「アッシリア植物誌」に着色用植物としてあることから、B.C.600年ごろ、すでに中近東で用いられていたといわれる。インドでは、B.C.900年頃から栽培されていたとの説もある。日本では、平安時代中期に、中国からもたらされた。薬用としては、1454年の「撮壌集」に鬱金の名前が出てくるため、室町時代より以前に用いられていたとされる。16世紀頃の琉球王朝では、王府がウコンの専売制をしき、財源にしていた。1609年に薩摩藩が琉球に侵攻した後は、薩摩藩により、専売制がしかれる。江戸時代の享保年間(1716ー1735)に、幕府の麻布御薬園で栽培されていた記録がある。[1]

主な種[編集]

ウコンの種は、世界で約50種あるといわれている。日本では、沖縄で特になじみ深く、一般的にウコンといえば、「秋ウコン」をさす場合が多い。[2]

食用・薬用[編集]

  • C. amada - マンゴージンジャー
  • C. angustifolia - 東インドアロールート
  • C. aromatica - キョウオウ(姜黄)、ハルウコン(春鬱金)、ハルウッチン、ワイルドターメリック
  • C. kwangsinensis - 桂莪術、毛莪術、広西莪術
  • C. longa = C. domestica - ウコン(鬱金)、アキウコン(秋鬱金)、キゾメグサ(黄染草)、ウッチン、ターメリック、ハルディ、クニッツ
  • C. mangga - トムラワック
  • C. phaeocaulis - 川莪術
  • C. wenyujin - 温莪術、温鬱金
  • C. xanthorrhiza - タムラワ
  • C. zedoaria = C. aeruginosa - ガジュツ(我術)、ムラサキウコン(紫鬱金)、ナツウコン(夏鬱金)、シロウコン(白鬱金)、蓬莪術、ウスグロ、ムラサキウッチン、ガゼツ、ゼドアリー、ホワイトターメリック

食品・生薬としての名称は混乱しており、必ずしもこれらの名称で流通しているとは限らない。

中国では、ウコンを薑黄・姜黄、キョウオウを鬱金といい、日本と逆になっている。さらに生薬としては、ウコン・キョウオウ・ガジュツの塊根を鬱金、ウコン・キョウオウの根茎を薑黄・姜黄(ガジュツの根茎は蓬莪術)という。

鑑賞用[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本のハーブ事典 村上志緒 東京堂出版P42 P85
  2. ^ 日本のハーブ事典 村上志緒 東京堂出版