ウィーンの森

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィーンの森

ウィーンの森(独:Wienerwald)は、オーストリアウィーン郊外やニーダーエスターライヒ州東部に広がる山々のことを指す。アルプス山脈の一部をなしている。

概要[編集]

森とは言っても、広さは約1000平方キロメートルに及び、実質は山である。アルプス山系の最北部分を含んでおり、アルプスからカルパティア山脈に移り変わる部分にある。最高地点は海抜893mである。

ウィーンから近いため、ウィーン人にとっての重要なレクリエーション場所ともなっているが、スプロール現象が懸念されており、1987年にはウィーン市長・ニーダーエースターライヒ州知事・ブルゲンラント州知事が、この地域の自然を保護するために、いわゆるウィーンの森宣言に署名した。

クラシック音楽[編集]

ヨハン・シュトラウス2世が「ウィーンの森の物語」を作曲したことで世界的に有名になった。ベートーヴェンシューベルトも数々の曲を作曲している。

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、ウィーンの森に関するカテゴリがあります。