ウィリアム・ヒューストン (植物学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウィリアム・ヒューストン(William Houstoun 、姓は Houstonとも、1695年頃 - 1733年8月14日)は、18世紀初めのスコットランド医師植物学者である。メキシコ南アメリカ植物を集めた。

レンフルーシャーヒューストン(Houston)に生まれた。セント・アンドルーズ大学で医学を学び始めるが、1727年まで西インド諸島を訪れたため中断し、1727年からライデン大学ヘルマン・ブールハーフェのもとで医学を学び、1729年に卒業した。この時代に薬草の薬効に興味を持った。イギリスに戻り、南海会社(The South Sea Company)に船医として雇われ、カリブ海アメリカへの航海に参加した。ジャマイカキューバベネズエラベラクルーズで植物を集め、ロンドンチェルシー薬草園の栽培主任のフィリップ・ミラーに送った。これらの植物の中には蛇毒に効用のあるとされたドルステニア・コントライェルウァ (Dorstenia contrayerva)やヒューストンの希望で、イギリスの聖職社で植物学者のアダム・バドル(Adam Buddle)の名前が命名されたBuddleja americanaなどがある。研究結果を『パリ王立植物園目録』("Catalogus plantarum horti regii Parisiensis")に発表した。

1731年にロンドンに戻り、ミラーからハンス・スローン卿を紹介された。スローンからジョージア植民地の農業の改良のための資金を使って、調査とサバンナに計画されている植物園の標本を増やすために3年間、派遣されることになった。マデイラ島ブドウの採集を行い、大西洋を渡りジャマイカに到着した直後に熱病で没した。

1733年1月に王立協会フェローに選ばれている[1]

アカネ科の属、トキワナズナ属(Houstonia) などに献名されている。

著書[編集]

  • An account of the Contrayerva. In: Philosophical Transactions. Band 37, Nr. 421, 1733, S. 195–198.
  • Experimenta de Perforatione Thoracis, ejusque in Respiratione Effectibus (engl: Six experiments to show the effects of the perforation of the thorax on respiration). In: Philosophical Transactions. Band 39, Nr. 441, 1738, S. 230.
  • Reliquiae Houstounianae seu plantarum in America meridionale…. London 1781, (online) - postum von Joseph Banks veröffentlicht

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Houstoun; William (c 1695 - 1733)” (英語). Library and Archive catalogue. The Royal Society. 2014年8月22日閲覧。

参考文献[編集]