ハンス・スローン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サー・ハンス・スローン
Sir Hans Sloane
生誕 1660年4月16日
 アイルランド王国ダウン州キリーリー
死没 1753年1月11日 (92歳)
グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国ロンドンチェルシー
墓地 Chelsea Old Church
職業 医師篤志家
配偶者 エリザベス・ラングリー
テンプレートを表示
Hans Sloane00.jpg

サー・ハンス・スローン準男爵(Sir Hans Sloane, Bt、1660年4月16日 - 1753年1月11日)は、アイルランド王国アルスター出身の医師で収集家。自身のコレクションをイギリス政府に遺贈し、それが大英博物館の元になったことで知られる。チョコレートミルク飲料を発明したことでも知られ、ロンドンのスローン・スクエアに名を残している。

生涯[編集]

前半生[編集]

1660年4月16日、ダウン州キリーリーで生まれる。父はスコットランドジェームズ1世が派遣したスコットランド人植民団の団長だったが、スローンが6歳のときに亡くなった。

幼いころから博物学的なものや奇妙なものを収集する癖があった。そこから薬物への興味が芽生え、ロンドンに出て植物学や薬学を学ぶことになった。収集癖が元となってジョン・レイロバート・ボイルと親交ができた。ロンドンで4年間過ごした後フランスに渡り、パリモンペリエを訪れた後の1683年、オランジュの大学で医学博士号を取得。大量の植物や珍品のコレクションと共にロンドンに戻り、ジョン・レイに植物を送った。レイはそれらを元に History of Plants という著作を出版することになる。

1685年に王立協会の会員に選ばれ[1]、そのころ医師のトーマス・シデナムと親交を結び、医師としての手ほどきを受けた。1687年、医学校のフェローとなり、ジャマイカに向かうアルベマール公クリストファー・マンクの船団に医師として同行した。アルベマール公はジャマイカ上陸直後に亡くなったため、スローンがジャマイカで過ごしたのはわずか15カ月だけとなった。ジャマイカは植物学者が訪れたことのなかった土地であり、その間に彼は800種もの新種の植物を記録している。彼はそれらをラテン語の目録としてまとめ、1696年に出版した。また、後にジャマイカ訪問の体験談を2冊の本にして出版している(1707-1725年)。1693年、王立協会の書記となり[1]フィロソフィカル・トランザクションズ誌を20年に渡って編集した。

スローンは Fulke Rose の未亡人エリザベス・ラングリー[2]と結婚し、3人の娘と1人の息子をもうけた。ただし、大人まで成長したのは娘2人だけである[3]

チョコレート飲料[編集]

スローンはジャマイカでココアと出会った。原住民はそれを水と混ぜて飲んでいたが、スローンはまずくて飲めたものではないと記している[4]。しかし、彼はそれを牛乳と混ぜると飲みやすいことを発見した。イングランドに戻ると、彼はチョコレートミルク飲料のレシピを広めた。当初チョコレート飲料は薬局で薬として売られていたが、19世紀にはジョージ・キャドバリーが缶入りチョコレートミルク飲料を発売するようになった。

医師として[編集]

スローンは上流階級を相手にした医師として成功し、大いに儲けた。彼は3代の君主、アン女王ジョージ1世ジョージ2世に仕えた。

1716年スローンは準男爵となり、1719年には王立内科医協会の会長となって16年間務めた。1722年には軍の医官に任命され、1727年にはジョージ2世の筆頭侍医となった。同じく1727年、アイザック・ニュートンの後を継いで王立協会の会長に就任[1]。会長職から退いたのは80歳になったときである。また、ロンドン初の孤児院である Foundling Hospital の創設にも尽力した。

投資家として[編集]

スローンの名声は、自然科学の研究や医師としてよりも、賢明な投資家としての部分が大きい。1712年、彼はロンドンのチェルシーにあった荘園を購入し、そこがチェルシー薬草園になっただけでなく、スローンの名がチェルシー各地の地名として残る元となった。収集家として成功を収めることになった決断は、1701年に William Courten のコレクションを買い取ったことだった(Courtenは借金の返済を条件としてコレクションを遺贈していた)。

大英博物館[編集]

1741年に引退するとスローンはそれまでの収集品をブルームズベリーからチェルシーの自宅に移したが、そのころには独特の価値を持つまでにコレクションが成長していた。彼は、William CourtenFilippo Antonio Gualterioジェイムズ・ペティヴァーNehemiah Grewレオナード・プルークネット、ボーフォート公爵夫人 (en)、Adam Buddleパウル・ヘルマンFranz Kiggelaerヘルマン・ブールハーフェといった収集家の博物学的コレクションを次々と入手していった。1753年1月11日に亡くなると、蔵書、手稿、版画、図面、植物、動物、メダル、硬貨、印章、カメオ、その他の収集品についてスローンは、議会が遺族に2万ポンド支払って引き取るという条件で遺贈した(コレクションの価値に比較すると破格の安さである)。同年条例が議決され、遺産はその条件で引き取られた。そして1759年、このコレクションとジョージ2世の蔵書などを核としてブルームズベリーに大英博物館が開館した。この当初のコレクションの大部分は後にロンドン自然史博物館の基盤となった。

また、チェルシー薬草園はロンドンの薬剤師らが自由に薬草を採取できるようになっていた。これもスローンの篤志家としての面を表している。

ナイツブリッジにあるハロッズに面したハンス・クレッセント通りの標識

栄誉[編集]

ケンジントン&チェルシー王立区には、スローン・スクエアスローン・ストリート、スローン・ガーデンなどスローンの名を冠した地名がある。また、ファーストネームのハンスをとったハンス・ストリート、ハンス・プレース、ハンス・ロードも同じ地区にある。 また、Urania sloanus という蛾もスローンに因んで命名されている。カール・フォン・リンネは植物の属名 Sloaneaホルトノキ科に属する)をスローンに因んで命名した。

墓地[編集]

チェルシーの様子。Old Church の一部とハンス・スローンの墓が描かれている。
ハンス・スローンの記念碑(チェルシー)

ハンス・スローンは1753年1月18日[5]、Chelsea Old Church に埋葬された。その場所には記念碑があり次のように刻まれている(試訳)。

サー・ハンス・スローン。準男爵。王立協会会長。内科医協会会長。1752年、92歳で安らかに永眠。この記念碑は彼の2人の娘 Eliza Cadogan と Sarah Stanley が建立した

墓には妻(1724年没)もいっしょに埋葬されている。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c Sloane; Sir; Hans (1660 - 1753)” (英語). Library and Archive catalogue. The Royal Society. 2012年5月21日閲覧。
  2. ^ Genealogy of John "Mad Jack" Fuller
  3. ^ Sir Hans Sloane. The great collector and his circle, Eric St. John Brooks and Hans Sloane, 1954
  4. ^ The Sloane Herbarium
  5. ^ The Life of North American Insects Google books

参考文献[編集]

  •  この記事にはアメリカ合衆国内で著作権が消滅した次の百科事典本文を含む: Chisholm, Hugh, ed (1911). Encyclopædia Britannica (11 ed.). Cambridge University Press. 
  • Weld, History of the Royal Society, i. 450 (London, 1848);
  • Chipmunk, Bread Roll of the College of Physicians, 2nd Eddy., i. 466 (Landon, 8888).
  • thePeerage.com Sir Hans Sloane, 1st and last Baronet
  • Ford, John M T (2003), “Medical Memorial. Sir Hans Sloane (1660-1753).”, Journal of medical biography 11 (3): 180, 2003 Aug, PMID 12870044 
  • McIntyre, N (2001), “Sir Hans Sloane (1660-1753).”, Journal of medical biography 9 (4): 235, 2001 Nov, PMID 11718127 
  • Dunn, P M (2001), “Sir Hans Sloane (1660-1753) and the value of breast milk.”, Arch. Dis. Child. Fetal Neonatal Ed. 85 (1): F73–4, 2001 Jul, doi:10.1136/fn.85.1.F73, PMC 1721277, PMID 11420330, http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=1721277 
  • Ravin, J G (2000), “Sir Hans Sloane's contributions to ocular therapy, scientific journalism, and the creation of the British Museum.”, Arch. Ophthalmol. 118 (11): 1567–73, 2000 Nov, PMID 11074814 
  • Mason, A S (1993), “Hans Sloane and his friends. The FitzPatrick Lecture 1993.”, Journal of the Royal College of Physicians of London 27 (4): 450–5, 1993 Oct, PMID 8289170 
  • Nelson, E C (1992), “Charles Lucas' letter (1736) to Sir Hans Sloane about the natural history of The Burren, County Clare.”, Journal of the Irish Colleges of Physicians and Surgeons 21 (2): 126–31, 1992 Apr, PMID 11616186 
  • “Sir Hans Sloane (1660-1753) founder of the British Museum.”, JAMA 207 (5): 943, (1969), 1969 Feb 3, doi:10.1001/jama.207.5.943, PMID 4884737 
  • Ober, W B (1968), “Sir Hans Sloane, M.D., F.R.C.P., F.R.S. (1660-1753) and the British Museum.”, New York state journal of medicine 68 (11): 1422–30, 1968 Jun 1, PMID 4872002 

関連文献[編集]

  • de Beer, G.R., Sir Hans Sloane and the British Museum. London, Oxford University Press. 1953.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]