ウィッテン予想

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウィッテン予想(ウィッテンよそう、: Witten conjecture)は、1991年物理学者エドワード・ウィッテンの提起による予想で、形式的冪級数 F(t_1,t_2,...)

F(t_1,t_2,...) = \sum_{k_0,k_1,...} <\tau^{k_0}_{0}\tau^{k_1}_{1}...>\prod_{i} {t^{k_1}_{i}\over k_i !}

としたとき、

\exp(F(t_1,t_2,...))KdV方程式\tau-関数となる。

これは、2次元量子重力理論の位相的量子重力理論行列模型が等価であることを意味した。

想像を絶する難問であると思われていたが、僅か一年でマキシム・コンツェビッチにより肯定的に解決された。


関連項目[編集]