イングヴァール・カールソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イングヴァール・カールソン

イングヴァール・カールソンIngvar Carlsson, 1934年11月9日 - )は、スウェーデン政治家、元首相ルンド大学出身者

1934年イェーテボリ近郊のボロースで生まれる。ルンド大学政治学を学ぶ。学生時代には、社会民主労働党学生クラブの議長を務め、ターゲ・エルランデルにその政治的力量を認められる。米国留学後の1965年には、31歳で国会議員に初当選。1969年教育相に就任。1973年住宅相、1982年には、副首相に就任した。 1986年オロフ・パルメ暗殺後、スウェーデン社会民主労働党の党首及び首相に就任した。1991年の総選挙では、1928年以来の得票率で大敗し、内閣総辞職し、ブルジョワ4党連合に政権を譲り渡す。1994年の総選挙では大勝し、再度首相に就任。1996年に、党首及び首相をヨーラン・ペーションに引き継いだ。

先代:
オロフ・パルメ
スウェーデンの首相
1986-1991
次代:
カール・ビルト
先代:
カール・ビルト
スウェーデンの首相
1994-1996
次代:
ヨーラン・ペーション