ヨーラン・ペーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スウェーデンの旗 スウェーデンの政治家
ヨーラン・ペーション
Göran Persson
Goran persson swedish pm election rally 2006-sept-05 gothenburg closeup img3.jpg
生年月日 1949年1月20日
出生地 スウェーデンの旗 スウェーデンセーデルマンランド県・ビンゴーケル
出身校 オレブロ大学
所属政党 社会民主労働党
配偶者 アニトラ・スティーン
サイン Göran Persson signature.svg

首相
任期 1996年3月22日 - 2006年10月6日
元首 カール16世グスタフ
テンプレートを表示

ハンス・ヨーラン・ペーションHans Göran Persson1949年1月20日 - )は、スウェーデン政治家。前首相。

社会民主労働党党首1996年 - 2007年)、第41代首相1996年5月22日 - 2006年10月6日)を歴任する。

経歴[編集]

ペーションはスウェーデンのセーデルマンランド県ビンゴーケルで生まれた。オレブロ大学に入校し、政治学を専攻したが卒業はしなかった。1972年から1975年までスウェーデン社会民主青年同盟の一員となり、政治活動に関わるようになった。その後、カトリーネホルム市の教育委員を務めた。1979年、国会議員に選出されたが、5年後の1985年には再びカトリーネホルム市の教育委員となり、1989年まで同職を務めた。

1989年、ペーションは経験を評価されて教育科学大臣に選任され、1991年に社会民主労働党が選挙によって政権の座から下りるまで同職を務めた。1994年、社会民主労働党が政権を取り戻すとペーションは財務大臣に選任された。1996年、ペーションはイングヴァール・カールソンの後を継いで社会民主労働党の党首となり、首相に就任した。

彼はやや強引なリーダシップの持ち主として知られている。カトリーネホルム市時代の彼は"HSB"("Han som bestämmer")と呼ばれていた 。

2004年12月26日に発生したスマトラ島沖地震では、ヨーロッパ諸国の中で最も多い60名にものぼる自国民の犠牲者が出たのにも関わらず、迅速な対応を行わなかった事が批判の対象となり、2006年9月17日の総選挙では、穏健党中央党自由党キリスト教民主党の野党連合に敗北する結果となり、退陣を表明した。

2007年ソフィー賞を受賞した。

プライベート[編集]

3度の結婚で娘が二人いる。自転車による事故のため、2003年に変形性関節症と診断され、2004年に大規模な手術をうけた。手術後9ヶ月は足を引きずって歩かなければならず、また痛みのために強い鎮静剤が必要だったため、公務をキャンセルすることもあった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
イングヴァール・カールソン
社会民主労働党党首
1996-2007
次代:
モナ・サーリン
先代:
イングヴァール・カールソン
スウェーデンの首相
1996-2006
次代:
フレドリック・ラインフェルト