イギリス国鉄クラス322電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イギリス国鉄クラス322電車
登場当初のクラス322(スタンステッド空港)
登場当初のクラス322(スタンステッド空港
編成 4両編成、MT比:1M3T
最高速度 161km/h(100mph)
編成長 80.94m (265ft 6in)
車体長 先頭車65ft 0 3/4in (19.83m)
中間車65ft 4 1/4in (19.92m)
車体幅 9ft 3in (2.82m)
車体高 12ft 1 1/2in (3.70m)
軌間 1,435mm (4 ft 8 1 1/2 in)
電気方式 交流25,000V 50Hz 架線式
主電動機 Brush TM2141B
主電動機出力 268kw
台車 P7-4(M車)
T3-7(T車)
制動方式 空気ブレーキ(Westcode)
製造メーカー BREL York

イギリス国鉄クラス322電車(British Rail Class 322)は、1990年に4連5本が製造されたイギリス国鉄の近郊形電車。同じイギリス国鉄のクラス321電車クラス456電車クラス150気動車とともに、車体は全鋼製のイギリス国鉄マーク3客車をベースとして設計されている。

製造の経緯[編集]

登場時のクラス322普通室車内

 1980年代後半、イギリス国鉄では、ウェスト・アングリア本線ビショップス・ストートフォードケンブリッジの電化と合わせ、沿線にあるスタンステッド空港へ、途中のスタンステッド・マウントフィチェット駅からの支線を建設し、ロンドン・リヴァプールストリート駅から直通のシャトル列車を運行する計画を進めていた。

 このシャトル列車は専用車輌で運行することとしたが、コスト削減の為、ウェスト・コースト本線や、グレート・イースタン本線向けに増備が進んでいたクラス321電車を空港輸送向けにマイナーチェンジした車輌を製造することとなった。このような背景で登場したのがクラス322電車である。

 製造されたのは4連ユニット5編成。クラス322としての製造されたのはこの20両のみのため、番台区分は無い。

編成番号 製造年 DTCO TSO MSO DTSO
322481-485 1990 78163-78167 72023-72027 63137-63141 77985-77989

クラス321のマイナーチェンジ車であるので、車体は前述のクラス321とほぼ同じである。車内の約2/3が1等室となる先頭車(Driving trailer Composite Open(DTCO))に、全室普通車の付随車(Trailer Standard Open(TSO))、中間電動車(Motor Standard Open(MSO))、先頭車(Driving trailer Standard Open(DTSO))を各1両連結した4連ユニットを組み、TSOのMSO側の貫通路の両側にトイレが設置されている。最高速度はベースとなったクラス321と同じく100mph(約161km/h)に設定されている。

ネットワーク・サウスイースト(NSE)に属するルートであるが、通常のネットワーク・サウスイースト塗装では無く、白地の車体の窓下に緑の太帯・細帯を入れ、向かって左側になる先頭車側面に「Stansted Express」のロゴを、右側になる先頭車に「Network SouthEast」のロゴを入れた特別塗装とされた。

1991年5月より、ロンドン・リヴァプールストリートからの空港アクセス列車「スタンステッド・エクスプレス(Stansted Express)」として、6:00~23:00の間、30分間隔(いずれも平日)で運行を開始した。開業まで、宣伝をかねてウェスト・アングリア本線の運用に入っていた。

民営化後の状況(過去の使用事業者)[編集]

ウェスト・アングリア・グレート・ノーザン鉄道(West Anglia Great Northern(WAGN))[編集]

スコットレールのフランチャイズが代わったことにより、一時的にロンドン近郊へ返り咲いたクラス322(ロムフォード駅

イギリス国鉄の分割民営化(1994年)以降も、引き続きスタンステッド空港のアクセス列車として使用されるため、スタンステッド・エクスプレスを運行するウェスト・アングリア・グレート・ノーザン鉄道の所属となった。

1997年頃から、塗装が「スタンステッド・スカイトレイン」ブランドの塗装(白地の車体の裾に黄色の帯、屋根片部に緑の帯が入り、各車両向かって右側のドア脇に「Stanstead Skytrain」のロゴが入ったもの)に変更されているが、前後して、スタンステッド・エクスプレス専用ではなくなり、他車と共通運用されるようになった。共通運用されるようになってからは、ロンドン・キングズクロスピーターバラで使用されることも多くなった。

ウェスト・アングリア・グレート・ノーザン鉄道にはクラス321の所属が無かったことから、クラス322は少数の異端な存在であり、予備的な存在となっていった。下記のように一時的にノース・ウエスタン・トレインズへ貸し出されている他、もともとの投入先であったスタンステッド・エクスプレスも2000年上半期までにクラス317/7に置き換えられてしまっている。

そこで、姉妹車のクラス320を保有していたスコットレールScotRail)へ転属し、エディンバラノース・バーウィックで使用されていたクラス305電車を置き換えることになり、2001年、5編成を2回に分けてウェスト・コースト本線経由で自力回送された。

なお、2004年にスコットレールのフランチャイズがナショナル・エクスプレス・グループNational Express Group)からファーストグループファースト・スコットレール)に代わったことに伴い、サブリースされスコットランドへ戻るまでの間、一時的にロンドン近郊のグレーター・アングリア管内で使用されている。

ノース・ウエスタン・トレインズ(North Western Trains(NWT))[編集]

ノース・ウエスタン・トレインズ塗装のままスコットランドへ転属した322484(マッセルバラ駅

1997年から、4編成がノース・ウエスタン・トレインズ(North Westen Trains)に貸し出され、ロンドン・ユーストンマンチェスター空港で使用された。貸出にあたり、322484・322485の2編成はノース・ウエスタン・トレインズ塗装(青色の車体に、North Westen Trainsのロゴと金色の★印があしらわれたもの)に変更されているが、残り2編成についてはウェスト・アングリア・グレート・ノーザン鉄道で使用する1編成と入替を行う場合があり、塗装変更されないままだった。

これは長続きせず、1999年には全てウェスト・アングリア・グレート・ノーザン鉄道に返却されている。その際、322485は元のStansted Skytrain塗装に戻されたが、322484はノース・ウエスタン・トレインズ塗装のまま返却された。


スコットレールScotRail[編集]

改装工事後のクラス322(エディンバラ・ウェーバリー駅

上記のとおり、2001年、エディンバラノース・バーウィックで使用されていたクラス305の老朽置換用として転属した。基本的に上記の区間で運行されたが、エディンバラのヘイマーケット基地には電車の検修設備が無く、グラスゴーのシールズ基地で検査を受ける必要があったため、朝夕ラッシュ時に1本ずつ、電化されているウェスト・コースト本線カーステーアーズ経由でグラスゴー・セントラルまで運行されていた。

スコットランドでの活躍が長期になることは想定されていたものの、ナショナル・エクスプレス・グループのフランチャイズ期限が迫っていたため、投入当初の塗装変更はスタンステッド・エクスプレスのロゴをスコットレールのロゴに変更する程度で済まされている。

2004年、スコットレールのフランチャイズがナショナル・エクスプレス・グループからファーストグループへ移った。このため、ナショナル・エクスプレスのリース車輌だったクラス322は一旦スコットランドでの運用を終了したが、フランチャイズを獲得したファーストがクラス322のサブリースを交渉した結果、2005年中頃から再びノース・バーウィック線で使用されることになった。この間、ノース・バーウィック線は90形電気機関車+マークⅢ客車+運転室付き荷物車(Driving Van Trailer(DVT))のプッシュプル編成で運行されている。

スコットランドへの再転属に前後して、2007年2月までに全編成に対してキルマーノックHunslet-Barclay Ltdで車内外の改装工事が行われ、外部塗装がファースト・スコットレール塗装(紺地に白とピンクのラインと「ファースト・スコットレイル」のロゴ入り)に変更された他、車内情報案内装置の取り付け、一部座席の撤去と自転車置き場の設置、1等室の2等室への改装(DTCO→DTSO)などが行われている。また、併せて322481については「North Berwick Flyer 1850-2000」のネーミングがなされた。

2010年、ノース・バーウィック線を含めたスコットランドの電化区間へはクラス380「Desiro」が投入され、クラス322は2011年7月より順次ノーザン・レイルへ転属することとなった。2011年8月2日のノース・バーウィック7:56発エディンバラ行きをもって、ノース・バーウィック線での運用を終了した。

現在の状況[編集]

前述のとおり、5編成全てがノーザン・レールに転属している。

ノーザン・レール(Northern Rail[編集]

ノーザン・レールへ転属したクラス322(リーズ

ノーザン・レールには、1991年よりウェークフィールド線ドンカスターリーズを中心に使用されている姉妹車のクラス321/9電車があり、クラス322はこれと同じくリーズのネヴィル・ヒル基地に所属し、クラス321/9と同じくドンカスター~リーズを中心に使用されている。

転属にあたり、外装については窓下の白帯・ピンク帯とファースト・スコットレールのロゴ撤去(窓上の白帯はそのまま)、車内については自転車置き場の撤去と座席の復元が行われている。

参考文献[編集]